マスクで耳が痛い原因と効果的な対策方法

Sponsored Link

マスクをかけていると耳が痛いことはありませんか。

マスクのタイプには、プリーツタイプ・立体型・カップ型・平型などがあります。

通常はプリーツタイプのマスクをしていることが多いようです。

 

次に、マスクをかけていて耳が痛い人への対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

マスクの付け方

 

14437_6

 

マスクを長時間かけていて耳が痛い人は、予めゴム紐に対策する方法と専用のグッズを使う方法があります。

せっかく耳が痛いマスクをするなら正しく付けませんか。

製薬会社の調査では正しいマスクの付け方ができていない人が73%もいたそうです。

正しいマスクの付け方でないと感染予防や拡散予防ができなくなります。

次に、プリーツタイプのマスクの付け方を紹介します。

・マスクをつける前には手を清潔にします。

ウィルスや病原菌対策をするマスクを使う時には手をキレイに洗います。

マスクには表・裏と上・下があります。

プリーツの山の部分が下方向に向くようにします。

マスクの上・下は、針金が入っているほうが鼻の上にきます。

マスクで顎まですっぽり隠れるようにします。

 

マスクで耳が痛い

 

gahag-0018786172

 

マスクで耳が痛いと悩んでいる人も多いようです。

長時間マスクをつけていると耳裏が痛くなります。

市販されている多くのマスクは普通のゴム紐を使っているので耳裏が痛くなることがあります。

最近は、ゴム紐部分が柔らかい素材で出来ているものも売り出されているようです。

普通のゴム紐を使っているマスクでも、耳裏が痛くならない方法がいくつかあります。

次に、普通のゴム紐を使っているマスクで、耳裏の痛みを軽減する方法を紹介します。

・あらかじめゴム紐部分を引っ張って緩くする方法があります。

ゴム紐の接着部分を押えながら繰り返して引っ張ると痛みが軽減されます。

・ゴム紐の耳の部分にコットンをあてる方法もあります。

耳の部分のゴム紐に、コットン・ガーゼを巻きつけてみてください。

耳の裏に絆創膏を貼る方法もあります。

ゴム紐が当たる部分に絆創膏を貼っておけばOKです。

只、絆創膏を貼る方法は皮膚が弱い人には不向きです。

 

専用マスク

 

マスクを長時間かけていて耳が痛いときには、耳裏が痛くならない専用のグッズを利用する方法もあります。

マスクの耳にかけるゴム紐が工夫されていたり、他の方法でマスクを固定するタイプです。

・左右にフックがついた長さが調節可能なレースストラップにマスクを引っ掛けて首に固定するタイプがあります。

見た目も可愛らしいので人気があります。

マスク補助具もあります。

マスクを引っ掛けて首にかけるタイプのグッズです。

皮膚の柔らかさと同じクリスタルゲルで作られたチューブをマスクのゴム紐部分に取り付けるタイプもあります。

透明なチューブを耳にかけるだけなので全く目立ちません。

マスクで耳が痛い人は、専用グッズを使うのも良さそうです。


PAGE TOP