冬タイヤから夏タイヤの交換のタイミング

Sponsored Link

冬タイヤから夏タイヤへの交換時期は降雪地帯に住んでいるドライバーの悩みですね。

冬タイヤはスタッドレスタイヤ、夏タイヤはサマータイヤ(ノーマルタイヤ)になります。

サマータイヤとサマータイヤ(ノーマルタイヤ)の履き替えも大切ですが、タイヤの寿命も大切です。

タイヤの状態は車走行の安全性を大きく左右します。

タイヤの交換時期や寿命のポイントを把握して安全走行しませんか。

突然の降雪のために雪道で動けなくなっている車を見かけることがあります。

1台の車が道路上で動けなくなっただけで大渋滞が発生します。

観光やレジャーの乗用車であれば社会に与える問題も少ないですが、救急車や消防車や警察車両や自衛隊車両が交通渋滞で役割を果たせなくなっては問題です。

スタッドレスタイヤとサマータイヤ(ノーマルタイヤ)の交換時期を誤らないようにしましょう。

国土交通省では、雪道タイヤ対策をしないままに降雪により動けなくなって渋滞原因になった運転者には罰則を与えるなどの検討がされているようです。

 

次に、冬タイヤから夏タイヤへの交換について考えます。

 

スポンサーリンク

冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)

 

em520

 

冬のアイスバーンや積雪路などではノーマルタイヤでは走行できません。

スタッドレスタイヤやチェーンを付けたタイヤでなければ、雪道やアイスバーンで車の駆動力を路面に伝えることができません。

昔の日本ではスパイクタイヤを使用していましたが、春先の粉塵問題を解決する目的でスパイクを使わないスタッドレスタイヤが使用されています。

現在ではスパイクタイヤの使用は禁止されているので、冬タイヤはスタッドレスタイヤになっています。

スタッドレスタイヤには「ウィンタータイヤ」と「オールシーズンタイヤ」があります。

「ウィンタータイヤ」はヨーロッパで主に使われている冬用タイヤです。

「オールシーズンタイヤ」は、ドライ路面&スノー路面などあらゆる路面で安定走行を確保している全天候型タイヤになります。

一般的なスタッドレスタイヤと比べると氷上性能で劣ります。

 

タイヤ交換のタイミングと工賃

 

d4b37c9f04ea7ffbc51bec8ce1abb2cb

 

冬タイヤから夏タイヤへの交換時期と工賃について考えます。

一般的なタイヤ交換はタイヤサイズで異なります。

・16インチ以下の作業工賃は1600円/本

・17インチ以下は2100円/本

・20インチ以下は2700円/本になります。

スタッドレスタイヤとサマータイヤ(ノーマルタイヤ)の交換時期は外気温7度を目安にします。

スタッドレスタイヤは乾燥した路面ではすり減りが早くなります。

スタッドレスタイヤからサマータイヤ(ノーマルタイヤ)への交換の大まかな目安は3月末~4月上旬になります。

サマータイヤ(ノーマルタイヤ)からスタッドレスタイヤへの交換時期は外気温7度以下の日が多くなりはじめた時期になります。

サマータイヤ(ノーマルタイヤ)は外気温が下がるとゴムが硬化してグリップ力が低下します。

スタッドレスタイヤは新品の場合は100kmほど走行しないと本来の効果を発揮できません。

早めの交換をおススメします。

 

タイヤ交換

 

タイヤ交換の業者にはオートバックス・イエローハット・タイヤ館他各ディーラーがあります。

オートバックスのタイヤ関連サービスには、タイヤ交換・バランス調整・タイヤローテーション・パンク修理などがあります。

タイヤ脱着は2160円/本~

・タイヤ組み換えは1080円/本~

・廃タイヤ処理は250円/本になります。

イエローハットのタイヤ関連サービスにはタイヤ脱着はありません。

タイヤ組み換え・バランス調整・タイヤローテーション・ゴムバルブ交換・廃タイヤ処理サービスはあります。

タイヤ館のタイヤ関連サービスには、タイヤ脱着・タイヤ組み換え・タイヤローテーション・バランス調整・ゴムバルブ交換・廃タイヤ処理があります。

・タイヤ脱着540円/本~

・タイヤ組み換え540円/本~

・タイヤローテーション2160/本~などです。

 


PAGE TOP