耳が切れる原因と効果のある市販薬。耳切れの治療、予防法

Sponsored Link

耳切れに困っている赤ちゃんも多いようです。

耳切れの市販薬のおススメがあったら教えてもらいたいママも多いのではないでしょうか。 

耳切れの主な原因は、乾燥・刺激・雑菌繁殖などがあります。

耳切れの最初の症状は、耳たぶの下がひび割れて細い線が入って赤くなることから始まります。

ひび割れた赤い線の赤みが増し範囲が広がり赤い線が厚くなっていきます。

赤みを増した線が厚くなって悪化すると痒みが発生します。

痒みを掻くことでさらに悪化します。

最終的には耳切れして出血や滲出性の液体が出ます。

耳切れの症状が悪化すると化膿して膿みます。

 

次に、赤ちゃんの耳切れ治療・耳切れの市販薬・大人の耳切れの原因と治療の紹介をします。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの耳切れ治療

 

20170125-010525

 

赤ちゃんの耳が赤くなってじくじくしていませんか。

赤ちゃんの耳切れは多いようです。

耳切れはアトピー性皮膚炎の症状だと考えている人も多いようです。

耳切れの原因がすべてアトピー性皮膚炎ではありません。

赤ちゃんの耳切れは生後4週間くらいから1歳くらいまでくらいでが多いようです。

赤ちゃんの耳切れの原因には、「かぶれ」があります。

「かぶれ」の原因は、汗・よだれ・涙・皮脂などです。

「かぶれ」症状の強さは、刺激の強さと刺激の持続時間で決まるとされています。

「かぶれ」による耳切れを予防するには、刺激を避けることと保湿をシッカリ行うことです。

湿疹が強いときにはステロイド系の塗り薬を使って症状を抑えられます。

「かぶれ」を防ぎながら症状を抑えれば耳切れを改善できます。

次に耳切れの市販薬や大人の耳切れについて紹介します。

 

耳切れの市販薬

 

赤ちゃんの耳切れの原因は、汗・よだれ・涙・皮脂などを原因とした「かぶれ」症状でした。

アトピー性皮膚炎か「かぶれ」かは、自己判断しないで皮膚科での診察を受けてください。

炎症を起こしているときには市販薬では無理です。

皮膚科の診察を受けて薬を処方してもらってください。

炎症を抑える薬はステロイド系が多いですが、医師が処方する薬であれば心配いりません。

症状が落ち着いたら市販薬や保湿剤でバリア機能を回復できます。

耳切れの原因は赤ちゃんの場合は、汗・よだれ・涙・皮脂などを原因とした「かぶれ」です。

大人の場合は脂漏性湿疹の悪化です。

 

大人の耳切れ

 

m_E880B3E58887E3828CE5AE8CE6B2BB

 

耳切れは大人にも発症します。

大人の耳切れの原因で最も多いのは耳を洗っていないことです。

大人の男性は耳を洗い忘れていることが多い理由です。

女性の場合は耳を洗うのが怖いのだそうです。

男性の場合は皮脂の分泌が強いのが特徴です。

皮脂によって耳が赤くなって耳切れします。

脂漏性湿疹を原因として耳切れを起こします。

炎症を起こしている耳切れは市販薬ではなかなか治らないので皮膚科で薬を処方してもらいます。

炎症が落ち着いたら市販薬や保湿剤でバリア機能を回復できます。

耳を洗っていないことが、大人の耳切れの原因です。

耳はしっかり洗って清潔にしましょう。


PAGE TOP