春分の日の意味、決め方、食べ物。2018年はいつ?

Sponsored Link

春分の日(しゅんぶんのひ)は国民の祝日です。

春分の日の意味は、昼と夜の長さが等しくなる「彼岸」のお中日になります。

春分の日は春の彼岸のお中日で、2018年は3月21日です。

春分の日に食べる食べ物には「牡丹餅」があります。

全国各地にはいろいろな「牡丹餅」があります。

 

次に、春分の日の意味・春分の日と秋分の日・2018年の春分の日・春分の日の食べ物などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

春分の日の意味ほか

 

march-word011

 

春分の日の意味は、春の「彼岸」のお中日になります。

春分の日は昼と夜の長さが等しくなります。

春分の日は国民の祝日です。

祝日法で天文観測による春分が起こる春分日が選定されて休日になります。

2018年の春分の日は3月21日です。

3月21日の春分の日は春の彼岸のお中日です。

春のお彼岸の春彼岸 は、 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日の合計7日間になります。

春のお彼岸のお中日の春分の日に食べる食べ物には「牡丹餅」が有名です。

 

春分の日と春彼岸

 

was0015-049

 

春分の日の意味を知っていますか。

春分の日は国民の祝日なので気になりますね。

2018年の春分の日は3月21日です。

春分の日は春の彼岸の中日になります。

2018年の春のお彼岸(春彼岸)の日程は「彼岸入り」から「彼岸明け」までの7日間です。

「彼岸入り」は3月18日です。

春分の日である「お中日」は3月21日です。

「彼岸明け」は3月24日になります。

2018年の春のお彼岸の日程は、春分の日の3月21日を挟んで3月18日~3月24日の7日間になります。

「彼岸」とは仏教では「向こう岸」という意味です。

三途の川を挟んだ向こう側が「彼岸」になります。

現世(娑婆)は「此岸」と呼びます。

「此岸」とはこちらの岸のことです。

「彼岸」に到達するには「六波羅蜜」の修行をします。

「此岸」にあるものが「六波羅蜜」の修行をすれば「彼岸」の境地へ到達できます。

「彼岸」の期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられています。

「彼岸」には春分の日をお中日とした「春彼岸」と、秋分の日をお中日とした「秋彼岸」があります。

春彼岸 は、 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日の合計7日間になります。

秋彼岸は、毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間になります。

春彼岸のお中日の春分の日と秋彼岸のお中日の秋分の日の食べ物の「牡丹餅」は「おはぎ」とも呼ばれます。

 

春分の日の食べ物

 

春分の日の意味は春の彼岸(春彼岸)のお中日の国民の祝日になります。

春分の日は彼岸のお中日です。

2018年の春分の日は3月21日です。

次に春分の日の食べ物を紹介します。

春分の日の食べ物には「ぼた餅」・「牡丹餅」があります。

「ぼた餅」は春分の日に欠かせない人気の和菓子です。

昔はそれぞれの家庭で「ぼた餅」を作っていましたが、最近はお菓子屋さんやスーパーマーケットで購入する人が多いようです。

「ぼた餅」の名前は春の花の「牡丹」からきていると言われています。

「牡丹餅」と聞いたことはありませんか。

「牡丹餅」と「ぼた餅」を違う食べ物と思っている人も多いようです。

「牡丹餅」と「ぼた餅」は同じ食べ物です。

「ぼた餅」を「おはぎ」と呼ぶこともあります。

「おはぎ」は秋の花の「萩」からきています。

春分の日には「ぼた餅」・「牡丹餅」を食べます。

秋分の日には「おはぎ(お萩)」をたべます。

「ぼた餅」と「おはぎ(お萩)」は呼び方は違いますが同じ食べ物です。

 


PAGE TOP