クリスマスプレゼントを靴下に入れる由来、理由

Sponsored Link

クリスマスプレゼントは靴下に入っています。

サンタクロースはどうしてプレゼントを靴下に入れるのでしょう。

クリスマスと靴下にはなんらかの関係があるようです。

靴下とクリスマスの由来を知っていると、子供に聞かれたときに自慢気に話せますよ。

 

次に、クリスマスのことや靴下の由来などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

クリスマス

 

lgi01a201412231400

 

クリスマスと靴下の由来を知る前に、クリスマスの紹介をします。

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝うお祭になります。

クリスマスは毎年12月25日に祝われます。

クリスマスはキリスト教での重要なお祭りですが、キリスト教で最も重要なお祭は「復活祭」になります。

復活祭は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶するお祭になります。

12月24から祝うのは、ユダヤ教の暦・ローマ帝国の暦・教会暦では日没を一日の境目としているからです。

クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日の夕刻から朝までは、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられます。

キリスト教圏ではクリスマスには主に家族と過ごします。

クリスマスツリーの下にプレゼントを置く風習があり「愛」の日ともされています。

クリスマスツリーは、中世ドイツの神秘劇で使用された樹木に由来していいます。

19世紀以降のアメリカ合衆国から、クリスマスツリーの飾りつけの風習が始まったとされています。

キリスト教の聖人である奇蹟者聖ニコライ(ニコラウス)の伝説がサンタクロースの起源とされます。

 

クリスマスと靴下

 

サンタクロースが入れるクリスマスプレゼントは靴下ですがどうしてでしょうか。

クリスマスプレゼントを靴下に入れる由来を知っていれば子供に自慢できますよ。

サンタクロースのモデルは、キリスト教の聖人である奇蹟者聖ニコライ(ニコラウス)とされています。

聖ニコライが、貧乏な家庭を救済するために金貨を投げ入れたとき、暖炉で干していた靴下に入りました。

サンタクロースがプレゼントを靴下に入れるのは、聖ニコライが救済のために投げ入れた金貨が靴下に入った逸話からきているようです。

 

コカ・コーラのCM

 

santa

 

クリスマスプレゼントを靴下に入れる由来は、聖ニコライが貧困救済で投げ入れた金貨が靴下入ったことが始まりのようです。

聖ニコライがモデルとされるサンタクロースは、トナカイのソリに乗っている赤い服と赤い帽子を被った白髭のおじさんの姿です。

聖ニコライは白髭だったかもしれませんが、赤い服や赤い帽子を被っていたとは考えられません。

サンタクロースの赤い帽子や服装などのイメージが定着したのは、コカ・コーラのCMの影響だとされています。

コカ・コーラのクリスマスキャンペーンの広告で使われたのが、子供たちが大好きなサンタクロースの姿でした。

大きな身体に真っ赤な衣装の白いあごひげのサンタクロースが、コカ・コーラの広告に登場したのは1931年になります。

米国の雑誌「サタデー・イブニング・ポスト」の広告に初めて登場したそうです。

 


PAGE TOP