つらい二日酔いの症状の原因と効果的な治し方

Sponsored Link

二日酔いになると吐き気と頭痛に悩まされる人も多いのではないでしょうか。

二日酔いには様々な原因と症状があります。

治し方もいろいろあります。

二日酔いの代表的な症状には、吐き気・頭痛・脱水・だるさ・筋肉痛・睡眠障害・食欲不振・下痢などがあります。

つらい二日酔いの症状は原因知って正しく対処すれば早く治すことができます。

二日酔いの正しい治し方を知って安心してお酒を楽しみませんか。

 

次に、つらい二日酔いの原因と症状や、二日酔いの正しい治し方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

二日酔い

 

futsukayoi

 

つらい二日酔いにはいくつかの原因と症状があります。

二日酔いの正しい治し方を知ることで安心してお酒を楽しめます。

二日酔いは宿酔(しゅくすい)とも云われる不快な症状です。

通常は、夜間に飲んだ酒を原因として翌朝の起床の不快な症状を指します。

二日酔いは、自身の代謝能力を超えてお酒などのアルコール飲料(エタノール)を飲むことで発生する不快な症状です。

アルコール飲料(エタノール)が、アセトアルデヒドに代謝されて体内に残ると二日酔いの症状を引き起こします。

二日酔いは急性アルコール中毒とは異なります。

二日酔いは生命に直接の危険はありませんが、吐き気や頭痛などの著しい不快感があるのが特徴です。

飲酒後に短時間に現れるものは二日酔いではなく悪酔い(わるよい)と呼ばれています。

悪酔いが翌日になって現れる状態が二日酔いです。

 

二日酔いの原因

 

20131022195216

 

つらい二日酔いにはいくつかの原因と症状があります。

原因を知ることで適切な予防ができます。

事前に予防して二日酔いを軽くできれば治し方も簡単です。

アルコールを摂取するとアセトアルデヒドに分解されます。

アセトアルデヒドは酢酸へと分解され最終的には水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。

アルコールの代謝物質のアセトアルデヒドは毒性が非常に強いのが特徴です。

アセトアルデヒドの代謝酵素のアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは、人種差や個人差があります。

アセトアルデヒド脱水素酵素の代謝能力の差によって、お酒に強い人とお酒に弱い人が生まれます。

日本人を含むモンゴロイドのほぼ半数は、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い「低活性型」&全く働かない「失活型」のようです。

一般的に日本人を含むモンゴロイドは、酒に弱く二日酔いになりやすいタイプが多いのが現実です。

日本人などのモンゴロイドには、全く酒を飲めない人もいます。

アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが関係しているので、経験や訓練でお酒が飲めるようにはなりません。

日本人には飲酒は向いていないようです。

 

二日酔いの症状

 

つらい二日酔いの原因はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きでした。

二日酔いの治し方の前に二日酔いの症状の概要を紹介します。

二日酔いの症状には、吐き気・頭痛・脱水・だるさ・筋肉痛・睡眠障害・食欲不振・下痢・嘔吐・喉の渇き・アルコール性胃炎による悪心などがあります。

一般的に二日酔いの最中にはひどく喉が渇きます。

喉が渇くのは、アルコールの利尿作用により体内の水分が排出されて脱水症状状態になっているからです。

アルコールで胃酸分泌が過多になって胃炎を起こしていることもあります。

二日酔いは肉体的だけではなく精神的にも影響があります。

個人差はありますがひどい自己嫌悪に陥る人もいます。

 

二日酔いの治し方

 

つらい二日酔いの原因と主な症状が分かったので、二日酔いの治し方を紹介します。

脱水症状改善に水分の大量補給が大切です。

肝臓でのアルコール分解のためには糖分を摂取しましょう。

水分補給にはスポーツドリンクが効果的です。

また、お茶・コーヒーはカフェインによる利尿作用や胃への刺激を考えて控えましょう。

二日酔い予防策では睡眠が効果的です。

風呂やサウナに入って汗で有害物質の排出を促すと考えている人もいますが、心臓への負担や睡眠と比べて血中アルコールの減少速度が遅いので避けた方が無難です。

民間療法では、

・シジミの味噌汁・スポーツドリンク・グレープフルーツ・蜂蜜と生姜を溶かした湯

・りんご、小松菜、レモン、ヨーグルトのミックスジュース・牛乳・大根おろし

・ハツカダイコン・柿・トマト・ウコン・梅干などが使われていました。

民間療法の食べ物は、肝臓ケア・アセトアルデヒド分解サポート・水分補給・胃壁ケアに効果的なようです。


PAGE TOP