多動症の赤ちゃんの行動の特徴と原因

Sponsored Link

多動症ではないか?と、赤ちゃんのことが心配になるママも多いようです。

多動症の特徴を知ることで、多動症や赤ちゃんのことが分かるようになります。

多動症の原因が分かれば正しい育児ができます。

赤ちゃんに落ち着きがないと心配になっているママはいませんか。

初めての赤ちゃんを育てている時の新米ママは、毎日が不安との戦いです。

赤ちゃんにもいろいろな性格があります。

内向的な赤ちゃんもいれば外交的な元気な赤ちゃんもいます。

新米ママはどうしても他の赤ちゃんと比べて心配を増やして悩むことが多いので気を付けなければいけません。

赤ちゃんにはそれぞれ個性があるので心配無用です。

外交的で元気な性格の赤ちゃんであれば問題ありませんが、多動症という症状があるので注意も必要です。

多動症の正式名称は「注意欠陥多動性障害」になります。

英語表記では、Attentio Deficit Hyperactivity Disorderの頭文字をとって「ADHD」と呼ばれています。

注意性欠陥多動性障害(多動症)は発達障害の1つになります。

赤ちゃんや子供の頃に見られる注意性欠陥多動性障害(多動症)は、大人になると症状が軽減されます。

昔から注意性欠陥多動性障害(多動症)の子供はいましたが、落ち着きがない子などと誤解されていました。

注意性欠陥多動性障害(多動症)は、アメリカでは1990年代に医学的に証明されています。

日本では注意性欠陥多動性障害(多動症)「ADHD」の認知度はまだまだ低いようです。

注意性欠陥多動性障害(多動症)が心配な赤ちゃんを育てているママは、地域の保健センターや発達障害支援センターなどに相談してみませんか。

注意性欠陥多動性障害(多動症)なのか、元気過ぎるのかが分かれば接し方にも工夫ができます。

 

次に、多動症の赤ちゃんの特徴や多動症赤ちゃんになる原因や対処方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

注意性欠陥多動性障害(多動症)

 

kyoro

 

注意性欠陥多動性障害(多動症)の赤ちゃんの特徴や注意性欠陥多動性障害(多動症)の赤ちゃんになる原因などを知れば正しい育児ができます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)(多動症)の特徴は3つあります。

・年齢や発達段階に見合わない不注意・多動性・衝動性です。

年齢や発達段階に見合わない不注意や多動性や衝動性などの3つの症状のうち1つ以上が特徴的なる発達障害がADEDになります。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の発症率は100人中に3~7人になります。

以上から35人クラスの小学校には1人以上の注意欠陥多動性障害(ADHD)の子供がいる確率になります。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴の「不注意」には、

・物事に集中できない

・注意する意識を持続できない

・指示どおりに目的を達成できない

・努力が必要な課題を避けて嫌う

・紛失物が多い・順序立てた行動できないなどがあります。

 

ADHDの多動性と衝動性の特徴

 

adhdsi

 

多動症の赤ちゃんの特徴には多動性と衝動性がみられます。

多動症の赤ちゃんの原因は、遺伝的要因・前頭葉や線条体のドーパミンの機能障害だと考えられています。

しかし、原因が特定されてはいません。

注意欠陥多動性障害(ADHD)が子供の性格や、親のしつけとは無関係だということは分かっています。

 

ADHDの多動性と衝動性

 

多動症の赤ちゃんや子供の特徴は、不注意・多動性・衝動性になります。

注意欠陥多動性障害(多動症)の赤ちゃんの原因を知ることで正しい育児ができます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴の多動性には、

・手足をそわそわと動かし続ける

・待てない

・じっとしていられないで動き回る

・静かに話したり動いたりできないなどがあります。

衝動性には、

・順番を待てずに行動する

・会話に割り込む

・刺激にすぐ反応するなどがあります。


PAGE TOP