炭酸水の効能と効果。飲み過ぎても大丈夫?

Sponsored Link

炭酸水にはいろいろな効能があるようです。

美容と健康改善に炭酸水を活かしませんか。

多くの日本人はミネラルウォーターと言えば、清潔で美味しい水を連想すると思います。

海外ではミネラルウォーターといえば「炭酸水」を指す場合が多いようです。

海外では採水地から汲んでくる炭酸が含まれている水は「天然炭酸水」と呼ばれて重宝されています。

天然炭酸水には「硬水」と「軟水」があります。

一般的なイメージとしては、「軟水」は飲みやすい・「硬水」はダイエットや美容に適しているなどがあります。

「軟水」と「硬水」は、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの量で区分されます。

軟水と硬水は「硬度」で区分されています。

硬度が低い水を「軟水」・硬度が高い水を「硬水」と分類します。

日本での「軟水」は、カルシウムイオン+マグネシウムイオンの含有量が、1リットル当たり100mg未満の水になります。

「硬水」は、カルシウムイオン+マグネシウムイオンの含有量が、1リットル当たり100mg以上の水になります。

炭酸水と言っても色々な種類があります。

メーカによって炭酸水に含まれている量が違います。

微妙だったり、強かったりするなどいろいろなので、自分に合った炭酸水を見つけることもポイントになります。

 

次に、炭酸水や炭酸水の効能などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

炭酸水の違い

 

10214000017

 

炭酸水を選ぶときには「軟水」と「硬水」の区分に気を付けてください。

日本での区分では、軟水はカルシウムイオンとマグネシウムイオンの含有量が100mg/1リットル当たり未満の水です。

硬水はカルシウムイオンとマグネシウムイオンの含有量が、100mg/1リットル当たり以上の水になります。

WHOの定義では、・軟水は60mg/L未満の水

・中程度の硬水は、60mg/L~120mg/Lの水

・硬水は120mg/L~180mg/Lの水

・非常な硬水は180mg/L以上の水と区分されているようです。

日本の水は一部の地域を覗いてほとんどが軟水です。

ヨーロッパの水は硬度が高い傾向があります。

 

軟水と硬水

 

157a0090280c5b39472afa3f64b48ad71eb43df5

 

炭酸水には軟水と硬水があります。

自分の味覚や体質に合う炭酸水を選んでください。

軟水と硬水の一般的な特徴を紹介します。

軟水の特徴は、

・口当たりが柔らかい

・さっぱりしている

・緑茶を入れたときに色や風味が出やすい

・旨み成分を引き出しやすい

・煮炊きの日本料理に適している

・石けんが泡立ちやすいなどです。

硬水の特徴は、

・硬いのどごし

・しっかりした飲みごたえ

・緑茶を入れても色や風味が出ない

・肉を煮るとアクが出やすい

・和風料理には適さない

・石けんが泡立ちにくいなどです。

 

炭酸水の効能

 

炭酸水の効能では、疲労回復・整腸作用・血行増進・美肌効果・満腹感などに期待が寄せられています。

炭酸水には疲労物質の乳酸を体外に排出する働きがあるので、疲労回復に効果があるとされています。

炭酸水に含まれる炭酸が、腸のぜんどう運動を促進するので整腸に役立ちます。

炭酸水を飲むと炭酸で酸素欠乏になり血流が増えます。

炭酸水に美肌効果がある理由は、炭酸が肌表面の古い角質や老廃物に付着して除去するからです。

炭酸水を飲むと、胃が膨らんで早く満腹感が得られる・整腸作用効果があるなどから、ダイエットに向いていると考えられています。


PAGE TOP