ススキアレルギーの症状とススキ花粉症の時期はいつ?

Sponsored Link

ススキアレルギーがあるそうです。

春の花粉症の時期を過ぎてもアレルギー症状が気になるときには、イネ科の植物の花粉症の疑いがあります。

一般的には春が過ぎると花粉症は治まります。

初夏の時期になっても花粉症の症状が続くようであればイネ科植物によるアレルギー症状の可能性があります。

日本人の約25%が花粉症で悩まされているようです。

花粉症でよく知られているのは、スギやヒノキによる花粉症ですね。

植物の花粉を原因とした、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を花粉症と呼びます。

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

アレルギー性鼻炎の原因物質(アレルゲン)には2つのタイプがあるようです。

花粉症と呼ばれる季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎です。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)を引き起こすアレルゲン(原因物質)は、日本に約60種類あると考えられています。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)を引き起こすアレルゲン(原因物質)には、スギ・ヒノキ・カモガヤ・オオアワガエリ・ブタクサ・シラカバ・ススキなどのイネ科植物などがあります。

通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲン(原因物質)には、ダニ・ハウスダスト・ゴキブリ・ペットの毛・フケなどがあります。

最近は、花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)と通年性アレルギー性鼻炎の両方に悩む人が増えているようです。

複数の花粉に反応する人も増えているようなので気になりますね。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)と通年性アレルギー性鼻炎の両方を発症する人や、複数の花粉によるアレルギー性鼻炎に悩んでいる人は、一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみに悩まされています。

 

次に、ススキアレルギーの症状やススキ花粉症の時期・イネ花粉の時期・他のイネ科の植物の花粉症の時期などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

ススキアレルギー

 

susuki_1

 

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の症状に悩まされている人も多いようです。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)を引き起こすイネ科植物にはススキだけでなく、カモガヤ・ハルガヤ・ムギ・イネ・アシ・ネズミホソムギ・ネズミムギ・ホソムギ・オニウシノケグサ・スズメノカタビラ・スズメノテッポウなどあります。

イネ科植物による花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の時期は年に2回あります。

5~6月の時期と8~9月の時期です。

2回のピーク時の飛散量は8~9月よりも5~6月が多いようです。

 

イネ科植物による花粉症

 

free-illustraion-hay-fever-08-e1462334990963

 

イネ科植物は、川沿い・堤防・水田などに生育して背が低いことから飛散する距離が短くなります。

イネ科植物の花粉の飛散距離は、スギやヒノキなど背が高い植物の飛散距離に比べて短いのが特徴です。

イネ科の花粉症の症状はスギやヒノキの花粉症と同じです。

ススキなどのイネ科植物の花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・充血などになります。

花粉の飛散距離が短いのでススキアレルギーの症状が気になる人は、ススキが生育している場所に近寄らないことが大切です。

 

イネ科のアレルギー

 

イネ科植物のススキアレルギーの症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・充血などが一般的です。

イネ科植物の花粉によるアレルギーでは、アナフィラキシーと言う喘息などの呼吸困難・じんましん・嘔吐などの症状を起こす場合もあります。

イネ科植物による花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)が気になる人は、病院の専門医の診察をおススメします。


PAGE TOP