スマホの画面が割れたときどうしたら良いの?

Sponsored Link

スマホの画面割れが心配ですね。

スマートホンは携帯性抜群の通信機器なので、落としたり、硬いものに当てて壊すことがあります。

スマートホンの液晶画面にヒビが入った時どうしますか。

スマホの液晶タッチパネルの基盤はガラスなのでチョットした衝撃で割れてしまいます。

スマホ画面が割れてしまった場合の対応はどうすればよいでしょうか。

液晶タッチパネルにひびが入っているのはガラス基盤が割れている状態です。

スマホのタッチパネルでは、タッチセンサーが液晶とガラス基盤の間にサンドイッチ状態になっています。

画面割れでは、ひび割れの度合いによって全くタッチ操作が不可能になる場合と、ひび割れなのにタッチ操作には問題がない場合があります。

タッチパネルを触ってもタッチ操作が全くできないのは、タッチセンサーが壊れている状態です。

タッチ操作できるのは、ガラス基盤はひび割れていてもタッチセンサーが稼働している状態になります。

画面がひび割れていてもスライドやタッチができて、割れる前と同じように使える場合もあります。

只、ガラス基盤が割れているので、見た目が悪いだけでなくひび割れが大きくなって使えなくなる可能性があります。

可能であれば、少しのひび割れでも修理に出した方が安心して使用できます。

ひび割れでスマホが使えなった場合は修理するか買い替えるかの選択になりますが。

壊れたスマホの支払いが終わっていない状態では、2重にスマホ代金を支払い続けるようになるので大変です。

 

次に、スマホが画面割れしたときの対応について紹介します。

 

スポンサーリンク

スマホの画面が割れたら

 

f4c883d250d4c10f29901b6375a3ce4223922aa11415950536

 

スマホの画面割れたら困りますね。

スマホの画面にひび割れてしまったら、タッチパネルが使用できてもひびが大きくなっていずれは使用不可能になります。

大事な時にスマホが壊れると大変です。

修理代は必要になりますが、修理をして安心してスマホを使いましょう。

スマホの画面割れの修理には3つの方法があります。

・自分で修理する・スマホの修理専門業者に依頼する・購入したメーカーで修理してもらう3つの方法です。

自分で修理する方法は、修理費用は材料費だけなので格安になります。

スマホの専門業者に依頼すると、材料費と人件費が必要になります。

修理業者が遠方の場合は運搬費も必要になります。

スマホを購入したメーカーで修理をしてもらう場合、あんしん保障パックなどに入っていれば安い修理費用ですが一般的には高額になります。

手先が器用な人であれば、修理キットを購入して修理する方法もあります。

 

スマホの画面割れの修理

 

l_032

 

スマホ画面の修理などはメーカーによって異なります。

アップル製品の場合は保障サービスに加入していれば購入して一定期間は安価の半分ほどの費用で修理できます。

NTTドコモの「ケイタイ保障サービス」・ソフトバンクの「あんしん保障パック」・auの「auスマートパス」などの保障サービスに加入していると修理費用を安くできます。

一般的は、正規店での修理費用は15000円程度は必要なようです。

 

スマホの画面割れ予防

 

スマホの画面割れ予防をすることで、突然の修理費用で悩むこともなくなります。

スマホの画面割れ予防方法は5つあります。

スマホ用ネックストラップ・スマホリング・液晶保護フィルム・保護ガラスコート剤・スマホ手帳の5つです。

スマホ用のネックストラップを利用すれば、紛失リスクや手が滑って地面に落とすなどを予防できます。

スマホリングの利用でスマホの落下防止ができます。

スマホリングがあれば手指の疲れも防げます。

タッチパネルに液晶保護フィルムを貼れば、落下衝撃軽減やタッチしているときのキズ予防ができます。

保護フィルムを貼れない人には保護ガラスコート剤の塗布があります。

液晶面とリアカバー面の両方を保護できるスマホ手帳で防護すれば、地面に落ちても破損の心配がありません。


PAGE TOP