日光アレルギーの症状と対策 食べ物も影響ある?

Sponsored Link

ギラギラした太陽光のイメージがある夏季だけでなく、肌は紫外線の刺激を受けています。

紫外線量が多いのは5月~7月の時期だそうです。

5月~6月は梅雨もあるので紫外線のことは気にしませんが、紫外線量は多いので気を付けなければいけません。

無防備で紫外線を浴び過ぎると日光アレルギーを発症してしまうかもしれません。

紫外線対策をすることで、日光アレルギーの症状を抑えることができます。

アレルギーとは、特定の抗原に対して過剰に免疫反応が起こることです。

アレルギーが起こる原因はハッキリとは解明されていませんが、抗原に対する過剰な曝露や遺伝などが原因ではないかと考えられています。

アレルギーを引き起こす食べ物には、花粉・米・小麦・酵母・ゼラチンなどがあります。

紫外線もアレルギーを引き起こします。

日光アレルギーの正式名称は「光線過敏症」です。

光線過敏症(日光アレルギー)には、「多形日光疹」と「日光蕁麻疹」があります。

 

次に、日光アレルギー原因と対策や、日光アレルギーの症状などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

日光アレルギー

 

xigaisenjyosei

 

紫外線対策をして日光アレルギー症状の発生を抑制しませんか。

一般に日光アレルギー・日光性皮膚炎、日光性過敏症と言われるのは光線過敏症の「多形日光疹」です。

「多形日光疹」は光線過敏症の中で最も頻度の高い病気です。

日本人の約4%が発症する「多形日光疹」は、思春期から青年期の女性に多いことが知られています。

「多形日光疹」を発症する時期は3~7月になります。

日光アレルギー・日光性皮膚炎・日光性過敏症とも呼ばれる「多形日光疹」は、症状が悪化するとじんましんや水ぶくれになってしまいます。

肌疾患だけでなく、頭痛や嘔吐など日常生活を送るのも困難になるほどの症状がでる人もいます。

日光を浴びて肌がおかしいと感じたら早めに病院での診察をおススメします。

 

日光アレルギーの症状

 

100308

 

日光アレルギー対策の基本は紫外線対策です。

日光アレルギー・日光性皮膚炎・日光性過敏症とも呼ばれる「多形日光疹」の症状は、・肌の炎症・肌の湿疹・肌の腫れ・肌の水ぶくれになります。

「多形日光疹」の症状の特徴は、紫外線が当たった部分にだけ発症するのが特徴です。

「多形日光疹」の症状が現れるのは、太陽光にあたってからしばらく経過してからになります。

数十分~数時間など、湿疹が出現する時間は人によって異なります。

湿疹が完治するには2週間以上かかる場合もあります。

 

日光アレルギーの治療

 

日光アレルギー対策の基本は強い紫外線の刺激を受けないようにすることと、少しずつ紫外線に慣らすことです。

日光アレルギー・日光性皮膚炎・日光性過敏症とも呼ばれる「多形日光疹」が気になったらスグに皮膚科で治療をしてください。

「多形日光疹」の原因はハッキリと解明されていないことから予防薬はありません。

「多形日光疹」を発症した場合は、紫外線から皮膚を覆い隠すのが大切です。

紫外線を避ければ症状は緩和します。

「多形日光疹」の治療には、ステロイド外用薬が使われています。

肌を少しずつ紫外線にならすことで皮膚過敏性が低下することもあります。

皮膚を日光に馴らすことも必要だと考えられています。

 


PAGE TOP