注目の食材アカモクの効果と食べ方※花粉症にも良い?

Sponsored Link

アカモクの期待される効果には花粉症があります。

アカモクには花粉症だけでなく他の効果も期待されています。

アカモクにはどのような食べ方があるのでしょうか。

アカモクには他の呼び方(地方での違う名前)もあるようです。

アカモクを花粉症対策に試してみませんか。

アカモクは、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻になります。

アカモクの分布範囲は北海道(東部を除く)から日本全土の浅い海になります。

アカモクは日本だけでなく、朝鮮半島から中国・ベトナム北部にまで分布しています。

アカモクは1年生で、秋から冬に生長して4~7mの長さまで成長します。

本州中部では冬から春に成熟して、日本北部では7月頃に成熟期を迎えます。

瀬戸内海などでは春に成熟するタイプと秋に成熟するタイプが対あります。

アカモクは生命力が強いので漁網・漁船のスクリュー・養殖施設などに絡みつきます。

漁師の間では厄介者扱いしてアカモクのことを「邪魔モク」と揶揄して呼んでいる地方もあります。

アカモクの類似種にシダモクがあります。

 

次に、アカモクの効果・アカモクの花粉症対策・アカモクの食べ方・アカモクの他の呼び方(地方での違う名前)などを紹介します。

 

スポンサーリンク

アカモクに期待

 

akamoku_n

 

アカモクに期待されている効果は豊富な栄養素から期待されます。

アカモクは、低カロリーなのに食物繊維の一種のフコイダン・ミネラル・ポリフェノールなどを含んでいます。

食物繊維の一種のフコイダンには、生活習慣病予防・アレルギー予防・免疫機能の活性化・ガン予防などの効果があります。

アカモクが花粉症対策に期待されている効果はフコイダンのアレルギー予防効果になりますね。

フコイダンは食物繊維なので腸内のコレステロールや糖分を吸収して血糖値やコレステロールの上昇を余郷します。水分を含んで整腸作用も行います。

 

アカモクの食べ方

 

kht0025-024

 

アカモクには、生活習慣病予防・アレルギー予防・免疫機能の活性化・ガン予防などの効果が期待されています。

アカモクを花粉症対策に使うには、アカモクの美味しい食べ方を知る必要がありますね。

アカモクはイタリアン・中華・和食に利用できます。

ネットのアカモク利用のレシピでは、

・うまみたっぷりパスタ・生アカモクとホタテのカルパッチョ

・アカモクと春菊のかき揚げ・生アカモクとごま酢あえ

・アカモクの中華風親子丼・生アカモクソースなどが紹介されていました。

アカモクの他の呼び方(地方での違う名前)はたくさんあります。

 

アカモクの他の呼び方(地方での違う名前)

 

アカモクの栄養効果を利用して、アカモクを花粉症対策に使うにはアカモクの美味しい食べ方を知ることが大切です。

アカモクは地方によっていろいろな他の呼び方(地方での違う名前)があるようです。

地方の市場や道の駅などでアカモクを買うには、地方で違う呼び名を知っていると便利です。

・秋田県では「ギバサ」・新潟県では「ギンバソウ」・新潟県佐渡では「ナガモ」

・富山県氷見市・魚津市では「ナガラモ」・島根県隠岐では「ハナタレ」と呼ばれています。

日本海沿岸では、ジンバソウ(神馬草)・ギンバソウ(銀葉草)・ギバ・ギバサ・ギバソなどとも呼ばれているようです。

ガラム・ナガラモク・バチモ・ハナタレモク・マメタワラ・モクと呼んでいる地方もあります。

アカモクとは別の海藻のような名前ですね。


PAGE TOP