梅雨の時期の乾かない洗濯物を早く乾かす干し方、コツ

Sponsored Link

洗濯物が乾かない梅雨になると洗濯がおっくうになりますね。

洗濯物を早く乾かすコツや早く乾く干し方があるそうです。

洗濯物を乾かすのにクシャクシャに丸めた新聞紙を使う方法もあるそうです。

梅雨はジメジメしているので、洗濯物が乾きにくく乾いても臭ったりして最悪ですね。

梅雨のジメジメしている季節だからこそ、スッキリ乾いたサラリとしたシャツを着たいですね。

洗濯物が乾かないジメジメの梅雨でも、洗濯物を早く乾かすコツや干し方(新聞紙を使うなど)があります。

主婦の多くの声には、梅雨時の洗濯物の臭いがあります。

洗濯物の臭いの原因は雑菌です。

洗濯物の乾かすコツは、雑菌を増殖させない・雑菌を必要以上に付けないになります。

洗濯物の乾きやすさを測る「洗濯指数」があります。

気象協会での「洗濯指数」の条件は、「日照」・「気温」・「湿度」・「風」の4つになります。

梅雨の時期には4つの「日照」・「気温」・「湿度」・「風」の中で「日照」は期待できません。

洗濯物を早く乾かすには「気温」・「湿度」・「風」がポイントになります。

「気温」・「湿度」・「風」を上手く使って早く乾かすことができれば雑菌の増殖を予防できるので洗濯物の臭いを防げます。

 

次に、梅雨時の洗濯のポイント・洗濯物が乾かない梅雨に、洗濯物を早く乾かすコツや干し方(新聞紙を使う等)の紹介をします。

 

スポンサーリンク

梅雨時お洗濯のポイント

 

yjimageFLBM4YHS

 

梅雨時の洗濯のポイントを知っていれば、洗濯物が乾かない梅雨でも洗濯が楽しくなります。

上手に洗濯すれば、洗濯物を早く乾かすコツや干し方(新聞紙を使う等)の効果もアップします。

洗濯のポイント1は、汚れ物をためないで1回の洗濯量を減らすことです。

洗濯量が多いと室内干しでの乾きが遅くなります。

ポイント2は、洗濯ものに汚れが付かないように洗濯槽の汚れを専用洗剤で落とします。

ポイント3は、予洗いや酸素系漂白剤を使うなどして汚れをシッカリ落とします。

部屋干し用洗剤の中には酸素系漂白剤を含んでいるタイプがあります。

ポイント4は、 すすぎにお風呂の残り湯を使わないことです。

お風呂の残り湯には雑菌や汚れがあります。

すすぎにお風呂の残り湯を使うと雑菌や汚れが衣類について臭います。

 

扇風機で早く乾かす

 

洗濯・新聞紙

 

洗濯物が乾かない梅雨でも、洗濯物を早く乾かすコツや干し方(新聞紙を使うなど)を知っていることで臭わないスッキリ洗濯物に仕上がります。

早く乾かすことができれば雑菌の繁殖を抑えられます。

雑菌は濡れた状態が長いほど増殖します。

早く乾かすポイント1は、換気や湿度のコントロールをしやすい場所に洗濯物を干します。

室内干しでは、洗濯物の周りの湿気が停滞しない換気や湿度調節のしやすい場所が最適です。

換気扇の近くや扇風機を活用することで、湿気がこもりにくいので乾きが早くなります。

雨の日でも風のある場所であれば外に干します。

風は乾燥時間に大きく影響を与えます。

洗濯したての濡れた物であれば、雨が降る日でも雨除けのある外に干した方が風のぶんだけ早く乾きます。

半乾きになったら室内へ移動して扇風機の風邪で乾かします。

室内に新聞紙をクシャクシャに丸めて床に沢山置きます。

クシャクシャの新聞紙が室内の湿気を吸収して空気の湿気を少なくします。

 

干し方で早く乾かす

 

洗濯物が乾かない梅雨でも、扇風機を使った洗濯物を早く乾かすコツや干し方(新聞紙を使うなど)を知っていることで洗濯も楽しくなります。

早く乾かす干し方のポイント1は、生地が重ならないように工夫して洗濯物の表面積を最大にします。

空気に触れる面を最大にすれば早く乾きます。

例えば、

・長袖のシャツ類は逆さにしてバンザイ型で干す

・衣類は裏返して縫い目を表にして干す

・パンツは内側にも空気が通るようにして干すなどです。

クシャクシャに丸めた新聞紙を床に沢山おいて室内の湿気を除去することで、室内でも早く乾かせます。


PAGE TOP