日本初上陸室内スカイダイビング フライステーション

Sponsored Link

越谷市にフライステーションが人気です。

室内スカイダイビングはロシアやドイツで話題の新感覚スポーツです。

自由に空を飛ぶことができる屋内スカイダイビング施設「フライステーション(FlySation)」の日本1号店は埼玉県越谷市にあります。

“宙を舞う”新感覚のスポーツでは、ウィンドトンネル(民間人用風洞装置)を使用して体を宙に舞わせます。

フライステーションでは牽引器具は一切使用しません。

世界最先端技術のウィンドトンネルを試してみませんか。

ウィンドトンネルを使用することで利用者の空中飛行を実現しています。

通常のスカイダイビングでのパラシュートが開く前の時速約200kmの落下を体験できます。

大人だけでなく子供も体験できます。

専用スーツとヘルメットを着用するだけで子供から大人まで体験できる新感覚スポーツです。

日常生活では使用しない様々な筋肉を比較的軽負担で鍛えることができるスポーツです。

日本法人のフライステーションジャパンでは、高齢層や障害を持つ子供向けや、競技フライヤーレベルなど様々プログラムを考えています。

 

次に、フライステーションが日本初上陸した越谷の室内スカイダイビングについて紹介します。

 

スポンサーリンク

フライステーション

 

flystation1

 

フライステーションで使用する民間人用風洞装置のウィンドトンネルは、直径 4.5m×高さ19.8mのチューブ(トンネル)になります。

チューブ(トンネル)の下から大量の風が流されることで浮遊体験を可能にする民間人用風洞装置です。

ウィンドトンネルの足元にはトランポリンのようなネットがあります。

トランポリンのようなネット上には立つこともできるし転んでも安全です。

安全なウィンドトンネルを使った浮遊スポーツは子供でも高齢者でも楽しめます。

上手く浮遊するコツはリラックスだそうです。

力を抜いた姿勢をキープすることで自然に浮遊を楽しめます。

 

フライステーションのステップ

 

20161207-flystation01

 

日本初上陸したフライステーションを楽しみませんか。

室内スカイダイビングを楽しむステップを紹介します。

ステップ1は到着~準備になります。

受付して、フライトスーツ等の装備品を選んでください。

ステップ2はフライトの説明です。

フライトステーションのインストラクターからルール・飛び方・安全面の説明をシッカリ聞いてください。

ステップ3はフライトです。

インストラクターと一緒にフライトゾーンに入室します。

インストラクターのサポートを受けながら浮遊を楽しんでください。

ステップ4は写真&ビデオサービスの案内があります。

フライト中に写真・ビデオを撮影します。気に入った浮遊写真やビデオがあればご購入できます。

 

フライステーションジャパン

 

フライステーションジャパンは埼玉県の越谷市にあります。

日本初上陸の室内スカイダイビングができる店舗面積は約2000m2です。

住所は埼玉県越谷市レイクタウン6?19?3 になります。

交通アクセスは公共交通と車(マイカー)があります。

公共交通の電車アクセスは、JR武蔵野線の「越谷レイクタウン駅」南口~徒歩12分です。

車アクセスでは、外環自動車道の草加又出口&三郷出口~国道4号東埼玉道路~北へ約3km~「レイクタウン南」交差点付近 になります。

GPSは「35.8727 139.8281 」になります。

・フライトステーション全般に関するお問い合わせは「info@flystation.jp 」

・予約に関するお問い合わせは「yoyaku@flystation.jp」

・カフェに関するお問い合わせは「cafe@flystation.jp」になります。

フライトステーションの料金には、

・事前講習

・スーツ等装備品のレンタル

・インストラクターによる指導が含まれます。

 


PAGE TOP