名古屋レゴランドのアトラクション、料金、アクセス方法

Sponsored Link

名古屋レゴランドがオープンしました。

名古屋レゴランドのオープン時期・アトラクション・アクセス方法・入場料金・駐車場状況など気になりますね。

名古屋市の港区の金城ふ頭の、レゴをテーマにした大型テーマパークに家族で行きませんか。

名古屋の金城ふ頭にオープンした大型テーマパークは「レゴランドジャパン」です。

「レゴランドジャパン」のオープンに先駆けて2017年の3月17日に報道陣に公開されました。

「レゴランドジャパン」では3月18日(土曜日)に特典付き年間パス購入者向けプレビューが行われました。

「レゴランドジャパン」には、ファクトリー・ブリックトピア・アドベンチャー・ナイトキングダム・パイレーツショア・ミニランド・レゴシティなどのエリアが用意されています。

 

次に、名古屋レゴランドのオープン時期・アトラクション・アクセス方法・入場料金・駐車場状況などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

名古屋レゴランド

 

f949a5b1

 

 名古屋レゴランドのオープン時期は2017年の4月1日になります。

本オープンに先駆けて3月17日の金曜日に報道陣に公開されているのでウキウキして本オープンを待っていた人も多いのではないでしょうか。

レゴは子供だけでなく大人も楽しめるブロックです。

特に子供の知育には最適の玩具だとも言われています。

子供の頃にレゴ遊びに夢中になった人の中には、高校を早期中退後に独学で有名国立大の大学院まで卒業した人がいます。

幼時から小中学校にかけて夢中になっていたレゴが知育に役立ったのでは?と考えられます。

レゴが好きな子供だったら学費が節約できるかもしれません、子供の知育にレゴを試しませんか。

 

レゴパーク

 

legolandjapan-access-7-486x290

 

名古屋レゴランドの本オープンは2017年の4月1日です。

名古屋レゴランドのアクセスには公共交通と車(マイカー)アクセスがあります。

レゴの大型テーマパークには、

・ファクトリー・ブリックトピア・アドベンチャー・ナイトキングダム・パイレーツショア・ミニランド・レゴシティなどのエリアがあります。

子供だけでなく大人でも、ファクトリー・ブリックトピア・アドベンチャー・ナイトキングダム・パイレーツショア・ミニランド・レゴシティで遊んだら疲れてしまいます。

公共交通を利用した方が交通混雑回避や交通安全のためにも良さそうです。

ファクトリーではレゴブロックがどうやってできるのかを見学できます。

レゴファクトリーツアーに参加すると最後に工場出来立てのレゴブロックがプレゼントされます。

ブリックトピアでは、レゴブロックを使って想像力を自由に発揮させることができます。

レゴランドのシンボルでもある高さ50mの展望タワーもあります。

アドベンチャー・ナイトキングダム・パイレーツショア・ミニランド・レゴシティも魅力的なエリアです。

 

名古屋レゴランドへのアクセス

 

名古屋レゴランドが4月1日にオープンしました!

名古屋レゴランドへのアクセス方法や入場料金や駐車場などの紹介をします。

名古屋レゴランドへのアクセス方法には電車・バス・車(マイカー)があります。

電車アクセスの場合は、

・地下鉄東山線の名古屋駅下車~名古屋臨海高速鉄道~金城ふ頭駅下車~徒歩になります。

・JR線~名古屋駅下車~名古屋臨海高速鉄道~金城ふ頭駅下車~徒歩になります。

・県営名古屋空港~空港バス~名古屋駅~名古屋臨海高速鉄道~金城ふ頭駅下車~徒歩になります。

車(マイカー)アクセスでの注意点は、レゴランドジャパンには専用駐車場がないので「金城ふ頭駐車場」を利用します。

・一般道からは汐止交差点を右折して道なりに進んで4つ目の交差点過ぎたら左寄りから駐車場に入ります。

高速道路からは名古屋中央ICの料金所を出たら左側道を大きくUターンして道なりに進んで信号交差点手前を左折Uターンして駐車場に入ります。

バスアクセスでは金城ふ頭駅で下車します。

桑名駅・長島温泉・名古屋港(ガーデンふ頭)・名古屋港水族館・築地口駅~金城ふ頭駅のバスが利用できます。


PAGE TOP