妊娠中にレア・ミディアムステーキを食べても大丈夫?

Sponsored Link

レアステーキは妊娠中に食べても大丈夫でしょうか。

レアステーキの他にも妊娠中の妊婦さんが避けたい食べ物はあります。

胎児に悪影響が考えられる・食中毒の危険がある・子宮が収縮する可能性が考えられるなど妊娠中に注意したい食べ物は避けるのが賢明ですね。

妊娠中に避けた方が良い食べ物とは、赤ちゃんの発達の妨げになったり障がいのリスクや早産や流産リスクなどの可能性を高めるものになります。

妊娠中に避けなければいけない食べ物と紹介されている中には気にする必要がないのもあるので、あまり神経質に考えすぎてストレスの原因にならないように気を付けることも大切です。

科学者の中には妊娠は病気ではないので栄養のバランスを考えて気にせず食べることが大切だという考えもあります。

只、日常でも避けた方が良い食べ物には気を付けた方が良いのではないでしょうか。

妊娠初期では、ビタミンAの過剰摂取は奇形のリスクを高めるとして病院でも指導されることがあるようです。

過剰摂取と言っても過剰の基準があるわけではないので食生活で気を付ける程度で良いと考えられます。

動物性ビタミンAが豊富に含まれている「うなぎ」や「レバー」などは妊娠初期には避けた方が良さそうですね。

食中毒の危険性が高い食材は妊婦だけでなく注意すべき食材です。

妊娠中には免疫力が低下するので、生卵・生牡蠣・二枚貝・生肉などは注意しましょう。

食中毒を発症すると赤ちゃんだけでなく母体の健康被害も大きくなります。

 

次に、妊娠中には一般的に避ける方が良いと考えられている食べ物を紹介します。

 

スポンサーリンク

リステリア菌

 

1b0f934db5143778dc2bfb211dfc5aa6

 

レアステーキだけでなく妊娠中に気を付けなければならない食材があります。

生ハム・生肉・スモークサーモン・ナチュラルチーズ・肉や魚のパテなどです。

日本での感染は稀なリステリア菌のリスクがあります。

リステリア菌は早産や胎児の髄膜炎のリスクを高めます。

免疫力が低下している妊婦はリステリア菌への感染リスクが高まるので注意が必要です。

妊婦が注意すべきリステリア菌については厚労省のHPの“リステリアによる食中毒”というコーナーでも紹介されています。

 

妊婦や高齢者

 

vol50

 

生肉・生魚・ナチュラルチーズ・レアステーキは妊娠中の妊婦や高齢者は避けた方が良いですね。

厚生労働省のHPに「リステリアによる食中毒」というページがあります。

リステリア菌とは正式には「リステリア・モノサイトゲネス」と呼びます。

リステリア菌は、河川水や動物の腸管内などにいる細菌になります。

食品安全委員会の評価書によると、リステリア感染症の推定患者数は平成23年時点で年間200人とされています。

食品由来によるリステリア症は稀ですが重症化すると致死率が高い疾患なので妊婦や高齢者は注意が必要だとされています。

 

妊婦と水銀

 

生肉・生魚・ナチュラルチーズ・レアステーキなど免疫力が低下している妊娠中の妊婦や高齢者は避けた方が良いとされます。

妊婦には水銀をためこんだ魚介類にも注意が必要です。

マグロ・メカジキなどの大型の魚は水銀をため込んでいるリスクがあります。

魚に含まれている微量の水銀でも摂取しすぎると胎児の聴覚障害リスクを高めます。

妊婦は魚介類の過剰摂取には注意した方が良さそうです。

 


PAGE TOP