相撲取りはなぜ太るのか?真似をしなければ痩せる?

Sponsored Link

相撲取りが太る理由を知れば、太らない方法も分かります。

相撲取りの太る理由を知ってダイエットに役立てませんか。

プロとして勝負に勝つために身体に筋肉や脂肪をつけて大きくなっている相撲取りとは違い、一般人は太る必要がありません。

皮下脂肪や内臓脂肪が多い肥満は生活習慣病のリスクを高めます。

生活習慣病とは脳卒中・糖尿病・脂質異常症・高血圧・心臓病・肥満などになります。

生活習慣病は生活の質(QOL)を低下させます。

皮下脂肪や内臓脂肪過多を健康診断で指摘された人はいませんか。

メタボリックシンドロームの指導をされた人は内臓脂肪や皮下脂肪の減少対策を始めましょう。

内臓脂肪や皮下脂肪が多い肥満は生活習慣病です。

また、肥満は脳卒中・糖尿病・脂質異常症・高血圧・心臓病などの生活習慣病のリスクもアップさせます。

肥満は最新ファッションを楽しめないことやスタイル劣等感などの原因にもなります。

相撲取りが太る理由を知ってダイエットに活かせば効率よく内臓脂肪・皮下脂肪を減らせます。

 

次に、相撲取りが太る理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

相撲取りが太る理由は食事回数

 

sumo_rikishi_harite

 

相撲取りが太る理由のポイントは、食事回数・食事量・生活習慣・インスリンの分泌になります。

食事量を一定にして食事の回数が少なくなれば皮下脂肪や内臓脂肪が多い肥満になりやすくなると言われています。

食事量を一定にして、食事回数を増やしたグループと食事回数を減らしたグループの動物実験があります。

内臓脂肪や皮下脂肪が多い肥満体系になったグループは、食事回数を少なくした方だったそうです。

食事量を変えないのであれば食事回数を増やして小分けにして食べた方が肥満を防げそうです。

 

相撲取りが太る理由は食事量

 

0522001

 

相撲取りが太る理由には食事回数がありましたが、食事量と生活習慣にも秘密があります。

相撲取りはちゃんこ鍋をはじめとした脂質・糖質・タンパク質やアルコールが多い高カロリー料理を大量に食べます。

相撲取りになるには大量の高カロリー食事ができることも条件の一つです。

一度に大量に食べられない人は相撲取りにはなれません。

一般人では暴飲暴食と言われるような食生活を続けられる強い胃腸が求められます。

相撲取りは早朝から激しいけいこをして空腹の絶頂で大量に高カロリー食事をして昼寝します。

激しい稽古での消費カロリーよりも摂取カロリーが多いのでカロリーが身体に蓄積します。

 

インスリンの分泌

 

相撲取りが太る理由もまとめると、朝食を抜いた二食であること・お昼に大量に高カロリー食を食べて昼寝をする・夕方に大量の高カロリー食をすることになります。

朝食を抜いて激しい稽古をしたあとに大量に食べるのでインスリンの量が急激に増えます。

血糖値の上昇とインスリンの分泌で効率よく栄養が身体に蓄えられます。

現役の相撲取りが生活習慣病ではない理由は、激しい運動量と食物繊維が多い食事だと言われています。

一般人は相撲取りのような激しい稽古はしないので、相撲取りのような食習慣であればブクブク太って生活習慣病になります。

相撲取りの食習慣・生活習慣から考えれば、

・食事からの摂取カロリー量よりも日常生活の消費カロリーを増やす。

・食事回数は3回以上にする。

・食事をしてからスグに寝ないなどがあります。

食後の軽い運動は肥満予防になります。

 


PAGE TOP