アルミ缶とスチール缶の使い分け、見分け方、用途の違い

Sponsored Link

アルミ缶とスチール缶の使い分けはどのようになっているのか知りませんでした。

アルミ缶とスチール缶の違いを知れば、使い分けがどのようになっているのかが分かりますね。

アルミ缶とスチール缶の見分け方も知っていれば役立ちそうです。

アルミ缶は、アルミニウムやアルミニウム合金を主な材料として製造された缶になります。

アルミニウムは軽量で熱伝導率が高く、空気中では酸化皮膜を作り錆にくい特徴があります。

アルミ缶は軽量で容易に押し潰せるので、廃棄後の収集・運搬もスチール缶より楽です。

アルミ缶の弱点は酸に弱いことです。

食品用に使われているアルミ缶は表面コーティングが施されています。

アルカリにも侵されやすくて水素を発生させます。

アルカリ系洗剤を蓋付きのアルミニウム缶に入れたことから、混雑した電車内で缶が爆発した事故なども起きているようです。

ゴミとなった後も電磁石でスチール缶と分別することが容易なので、他のアルミ製品同様に、サッシ・鉄道車輌・自動車部品などにリサイクルしやすいとされています。

スチール缶は、鉄の合金のスチールを材料として製造された缶になります。

 

次に、アルミ缶とスチール缶の使い分け・アルミ缶とスチール缶の違い・アルミ缶とスチール缶の見分け方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

アルミ缶

 

pictogram428recycle

 

アルミ缶とスチール缶の使い分けや、アルミ缶とスチール缶の違いを分かるために、「アルミ缶」の概要を紹介します。 

アルミ缶はスチール缶に比べて強度が低く、これを補うために内圧をかける必要があります。

缶の成形や充填技術が向上した現代では、アルミ缶を用いた商品が増加傾向にあります。

アルミ缶は、部分的な変形に対する強度が低くなっています。

尖ったものに刺されると容易に貫通します。

炭酸飲料が入ったアルミ缶を未開封のまま落下させると、衝撃によって缶の一部が破裂して内容物が噴出するリスクがあります。

アルミ缶は、缶コーヒーでもカフェ・オ・レやカフェ・ラッテのような、発酵する可能性がある乳製品を用いた飲料よりも、主にサイダーやビールなどの炭酸飲料の容器としてアルミ缶が使われています。

一般的なアルミ缶は、業界用語では「DI缶」と呼ばれています。

次に、スチール缶のこと・アルミ缶とスチール缶の見分け方などの紹介をします。

 

スチール缶

 

アルミ缶とスチール缶の使い分けや、アルミ缶とスチール缶の違いを分かるために、「スチール缶」の概要を紹介します。

スチール缶は、主にコーヒーや緑茶飲料や、ガスボンベなどのある程度の強度が必要なものの容器として用いられています。

昔は、空の缶を手で握って凹むのがアルミ缶で、凹まないのがスチール缶というように区別することができる時代もありましたが、製罐圧延技術の進歩により外観上は区別がつかないものも増えています。

スチール缶の特徴は、温まりやすく磁石にくっつくことです。

アルミ缶とスチール缶を比べると、アルミニウムよりも衝撃に強くなっています。

次に、アルミ缶とスチール缶の見分け方を紹介します。

 

アルミ缶とスチール缶の見分け方

 

recycle

 

アルミ缶とスチール缶の使い分けが分かると、アルミ缶とスチール缶の違いも区別しやすくなります。 

アルミ缶とスチール缶の見分け方で一番簡単なのは、磁石の磁力で区別することです。

リサイクル時は、アルミ缶とスチール缶を区別するのに電磁石が使われています。

アルミ缶の底は丸く、スチール缶の底は平らなので外形でも簡単に見分けられます。

スチール缶には「スチールの文字の丸マーク」・アルミ缶には「アルミ文字の三角マーク」が付いています。


PAGE TOP