歳をとると涙もろくなる理由。涙もろいのを治す方法はある?

Sponsored Link

歳をとると涙もろくなると言われます。

涙もろくなるのには、どのような理由があるのでしょうか。

涙もろいのを治す方法などはあるのでしょうか。

対処方法があれば知りたいと思っている中高年の人は多いと思われます。

涙もろいと言われる高齢者は、社会の中で他の成員に比して年齢が高い年代の層です。

只、高齢者という年齢の定義には一定のものはありません。

日本語の高齢者の同義語には、「老人(ろうじん)」・「年寄(としより)」・「お年寄り(おとしより)」などがあります。

高齢者の世代を、「老年(ろうねん)」いう場合もあります。

 

次に、高齢者とは・歳をとると涙もろくなる理由・涙もろいのを治す方法・対処方法、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

高齢者とは

 

1_10_66

 

「高齢」の線引きは曖昧で、主観的な部分があるので判断は容易ではありません。

国連では60歳以上を「高齢者」としています。

国連の世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上を高齢者としています。

日本では、定年退職者や老齢年金給付対象以上の人を高齢者と呼ぶことが多いようです。

日本での一般的な世代ごとの区分は、

・0~19歳を未成年者

・20~64歳を現役世代

・65~74歳を前期高齢者

・75歳以上を後期高齢者、となります。

医療制度での高齢者の規定では、65~74歳までを前期高齢者・75歳以上を後期高齢者と規定しています。

高年齢者雇用安定法における高齢者の定義もあります。

高年齢者雇用安定法での「高年齢者」とは、55歳以上とされています。

高齢者のことは、従来は「老人」という言葉が広く使われていました。

最近は「老人」というのは差別用語ではないかという意見もでているようです。

日本の公共交通機関には高齢者・障害者・病人・怪我人・妊婦などのための優先席が設けられています。

「シルバーシート」の始まりは、日本国有鉄道や東京都交通局などから始まっています。

日本で高齢者のことをシルバーと呼ぶようになったのは「シルバーシート」からのようです。

近年では、高齢者が自分のことを「シルバー」と表現することもあります。

「シルバー人材センター」などの、高齢者の職業技能を生かすための施設もあります。

次に、歳をとると涙もろくなる理由・涙もろいのを治す方法・対処方法、などの紹介をします。

 

歳をとると涙もろくなる

 

1_10_61

 

歳をとると涙もろくなる理由には「涙目」があります。

加齢によって出やすい眼の症状の一つに「涙目」があります。

「涙目」は、医学的には「流涙症」と呼ばれます。

「涙目」は、結膜炎など病気症状の一つとして現れることもありますが、それ以外の場合には2つの原因が考えられています。

「鼻涙管狭窄・閉塞」と「結膜弛緩症」です。

次に、涙もろいのを治す方法・対処方法、などの紹介をします。

 

涙もろいのを治す方法

 

歳をとると涙もろくなる理由には「涙目」があります。

「涙目」のことは、医学的には「流涙症」と呼ばれます。

「涙目」の原因は、「結膜炎などの病気症状」・「鼻涙管狭窄・閉塞」・「結膜弛緩症」などがあります。

「鼻涙管狭窄・閉塞」は、鼻涙管にある涙を吸い込むポンプ機能が、加齢によって弱まることが原因です。

ポンプ機能の低下は誰でも起きますが、もともと鼻涙管が細いといった形質がある場合は、鼻涙管狭窄・閉塞を起こして涙が鼻涙管に吸い込まれずに涙目になります。

「結膜弛緩症」は、白目を覆っている結膜が緩んだ状態になります。

60歳を過ぎると誰でも結膜が緩んだ状態になります。

ゆるみの程度が強いと、結膜がひだになり、ひだの間に涙がたまったり、まばたきをしたときの異物感や結膜下出血をくり返すなどの症状が出ます。

鼻涙管狭窄・閉塞と結膜弛緩症のどちらも加齢によって発症します。

また、併発しているケースも珍しくありません。

結膜炎と同じく眼科での診察を受けてください。

眼科での治療は、結膜炎やドライアイなどで使用する点眼薬で様子を見ることから始まります。


PAGE TOP