電車で眠くなる現象には名前がある?電車で寝ると頭が片方に傾く原因

Sponsored Link

電車に乗っていて思わず寝ていて下車駅を乗り過ごしたことはありませんか。

通勤電車に乗っていると、眠っていて下車駅を乗り過ごして慌てているサラリーマンを見かけることがあります。

電車に乗ると眠くなる現象には名前があるのなら知りたいですね。

帰りの電車で座席に座ると眠いのをガマンできないのも仕方がないことのようです。

電車で寝ると頭が傾くのにも、なにか原因があるのでしょうか。

 

次に、電車に乗ると眠くなる現象の名前・帰りの電車で眠い原因・電車で寝ると頭が片方に傾く原因、などを紹介します。

 

スポンサーリンク

電車で眠くなる現象は周波数?

 

th_life_in_train_sleeping

 

電車に乗っていると眠くなることがあります。

電車に乗っていると眠くなる現象の名前などの紹介をします。

電車に乗って、ついウトウトしてしまった経験のある人は多いようです。

気持ちよく寝てしまい終着駅まで行ってしまったサラリーマンも多いようです。

なぜ電車は眠りを誘うのでしょうか。

帰りの電車で眠いのには「揺れ」が関係しているそうです。

東京工業大学では、電車をきっかけにして「眠り」と「揺れ」の関係を研究しているようです。

研究の結果、ある低い周波数の揺れを含むと眠りやすくなることが判ったようです。

研究室で機械的に揺らす装置を製作して実験した結果では「1Hz」程度の低い周波数を含む揺れが眠くなりやすいことが示されたとされています。

「1Hz」とは1秒間に1回振動することです。

電車の揺れには「1Hz」程度の振動を含んでいることが多いことから眠りを誘いやすいのではと考えられています。

次に、眠りの原因は“ゆらぎ”・電車で寝ると片方に頭が傾く原因、などの紹介をします。

 

眠りの原因は“ゆらぎ”

 

train_sleep

 

電車に乗ると眠くなる現象が気になる人も多いようです。

眠りの原因の名前は「1/f2ゆらぎ」だとされています。

帰りの電車で眠いのは、電車の振動を原因とした「1/f2ゆらぎ」だとする考えです。

人が気持ちよく感じる細かい振動に「1/fゆらぎ」があります。

次に気持ちよく感じる振動に「1/f2ゆらぎ」があります。

日本の宮中音楽の雅楽や、ゆっくりとした民謡などにも含まれています。

周波数の「1/f」に比べると、やや規則性が強くてその中に少し不規則的なリズムが混ざっています。

「1/f2ゆらぎ」は単調なので、「少し退屈」だなとか眠けを感じる人がいるようです。

電車の揺れにはこの「1/f2ゆらぎ」が含まれているため眠くなりやすいと考えられています。

次に、電車で寝ると片方に頭が傾く原因を紹介します。

 

頭が片方に傾く

 

電車で眠くなる現象には「1Hz」程度の振動が関係しているようです。

電車で眠くなる現象の名前は「1/f2ゆらぎ」と呼ばれています。

帰りの電車で眠いのは、電車の振動に「1/f2ゆらぎ」が含まれているからとする考えが有力なようです。

電車で寝ると頭が片方に傾くことがあります。

頭が片方に傾く原因は電車の動きによる重心の変化です。

決して寝ている人が、わざとあなたに寄りかかってきていることはありません。

寝ている人は、隣の人に寄りかかった事も覚えていません。

電車が進行し動き始めた時に頭が傾く方向は進行方向の逆側です。

電車の進行方向とは逆側へ重心が移動するため、進行方向とは逆側へ体が傾きます。

電車が停止したり、減速した時には進行方向に頭が傾きます。

電車の進行方向へ重心が移動するため、進行方向へ体が傾きます。

電車が一定速度で走っている時には、左右両側に頭が傾く可能性があります。


PAGE TOP