調理と料理の違い。料理の本来の意味、語源

Sponsored Link

調理と料理は同じように使われている言葉です。

食べ物に対する使われ方は似ていますが、厳密には調理と料理には違いがあります。

料理の本来の意味や、調理の本来の意味を知れば使い方を間違えることはありません。

「調理」は味作りの技術面に限定される言葉だとされています。

対して「料理」はやや広義の意味で、食事計画・食材の確保・調理操作・料理の提供までの過程全体を指す言葉だとされています。

 

次に、調理と料理の違い・料理の本来の意味・調理の本来の意味・調理は技術、などの紹介をします。 

 

スポンサーリンク

調理

 

cooking_chef_woman_asia

 

調理と料理の違いを分かるために「調理」の概要を紹介します。

調理は味つくりの技術面に限定されている言葉だとされています。

調理とは、食材を洗う・食材を切る・煮る・焼く・炒める等の操作で食べ物を美味しく食べやすくすることです。

昔から、調理は各家庭で行われています。

家庭では親が子供に調理法を教えることで、各家庭の「味」や家庭ごとの調理法が次世代に継承されています。

家庭で調理を教わる機会が少なかった(得られなかった)人を対象にしたクッキング教室などもあります。

調理に用いる道具を調理器具と言います。

職業的調理者は、「調理者」や「調理人」と言われています。

調理人(調理者)は、料理店などの調理場で美味しく食べやすくする工夫をしています。

調理には長い歴史があり、歴史とともに変化してきました。

調理で用いられるいろいろな手法や技法は、調理法や調理技術と呼ばれています。

調理人(調理者)のことを英語では「コック」といい、日本語では和食の調理人は「板前」などと呼ばれています。

日本でもフランス料理の調理人は「シェフ」や「キュイジニエ」などと呼ばれています。

プロの調理人を養成するための学校もあります。

次に、料理の意味・調理は技術、などの紹介をします。 

 

料理

 

yun_12498

 

調理と料理の違いを分かるために「料理」の概要を紹介します。

料理の本来の意味は、食べ物を作る動作と調理によって完成した食べ物になります。

調理と料理は同じような意味で使われることもありますが、調理と料理の本来の意味は違うので注意が必要です。

料理は、調理を含む総称としての概念です。

料理と言う場合は、食事を作る前の準備段階から食べ物を提供するまでを言います。

完成した食べ物を指すこともあります。 

一般の人が学んでいる料理学校では、調理技術だけでなく、食材の選び方・保存方法、調理した食べ物の盛り付け・テーブルコーディネイトまでのすべてを学びます。

 

調理は技術

 

調理と料理の違いは、技術面だけか調理を含む総合的なものかになります。

調理と料理の意味が分かると、言葉の使い方を間違えることはありません。

調理の本来の意味は美味しいものをつくる技術です。

調理でも高度なものは芸術の一種と捉えられることもあります。

美味しいものをつくる技術である調理の成果は食べられてしまいます。

絵画作品のように残らないで食べられて形はなくなりますが、レシピと言う形で残ります。

高度なシェフが開発した優れたレシピは、時代を超えて価値が伝えられていきます。


PAGE TOP