トランプでジョーカーを抜くのになぜ「ババ抜き」と呼ぶ?

Sponsored Link

トランプを使ったゲームに「ババ抜き」があります。

「ババ抜き」では、ジョーカーを抜いたら負けのゲームです。

どうして、「ババ抜き」というようになったのでしょうか。

日本でのトランプは、4種類で各13枚で計52枚(+α)のカードを1セットにするタイプが一般的です。

トランプは、多種多様なゲームに用いられるだけでなく、トランプ占いなどの占いの道具や手品(マジック)の小道具としても用いられます。

トランプの起源については明確ではありません。

トランプが日本に伝わったのは16世紀です。

ポルトガルから、ラテン・スートのタイプが伝来して普及しました。

明治以降の日本のトランプは、英米式のカードが普及しています。

 

次に、トランプのこと・ババ抜きゲーム・ジョーカーを抜くのにババ抜きという理由、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

トランプ

 

3c37ea25512de7ab932c693969fa1182-500x332

 

日本語では「トランプ」と呼んでいますが、英語の「trump」の本来の意味は、ゲームのルールにある切り札の意味です。

ゲームの切り札の意味のトランプが、日本ではカードを指して使われるようになった経緯は分かりません。

トランプは、16世紀にポルトガルから伝来したのでポルトガル語の「carta」を音写して「かるた」とも呼ばれていたこともあります。

世界の各地域によってカードの呼び方は異なります。

世界各地のカードも様々で枚数も20~108枚まであります。

ヨーロッパでのカードは、32枚や36枚のタイプが多いようです。

ほとんどの日本人はトランプと言えば「52枚」が常識と思っていますが、イタリアでは40枚が常識で、ロシアでは36枚が常識のようです。

フィリピンにはカードが112枚のタイプも在ります。

明治以降に、日本で一般的に使われるようになったトランプは「英米(アングロアメリカン)タイプ」と呼ばれるものだとされています。

日本のトランプは52枚のカードで構成されていますが、通常はジョーカー1~2枚を含んだ53~54枚の形で市販されています。

日本では、コマーシャルカードがもう1枚つく製品もあります。

コマーシャルカードを、エキストラ・ジョーカーと同じ扱にする場合もあります。

エキストラ・ジョーカーの用途で用いられたコマーシャルカードは、日本国内では俗に「ジジ」と呼ばれているようです。

次に、ババ抜きゲーム・ジョーカーを抜くのにババ抜きという理由、などの紹介をします。

 

ババ抜きゲーム

 

20190111160532

 

ババ抜き(ババぬき・婆抜き)のゲームの英語表記は「Old Maid」です。

「ババ抜き」は、複数人で行うトランプの遊び方でも人気があります。

始めに同数のカードを人数分配して、一枚ずつ他者から抜き取り同じ札があれば捨てます。

最後にジョーカーを持っている人が負けになるゲームです。

「ババ抜き」では、ジョーカーを1枚加えた53枚のカードを使用します。

2人以上の人数でプレイできますが、3人以上でないと面白くありません。

次に、ジョーカーを抜くのにババ抜きという理由、などの紹介をします。

 

ジョーカーを抜くのにババ抜き

 

「ババ抜き」というゲームでは、最後にジョーカーを持っている人が負けになります。

当初の「ババ抜き」はジョーカーを使わないゲームだったようです。

トランプにジョーカーが加わったのは、比較的新しくて19世紀後半になってからだったと考えられています。

「アメリカ大百科事典」によると、米国でトランプにジョーカーが導入されたのは1872年になっています。

「ババ抜き」の元になったゲームは、「オールドメード(old maid)」というゲームです。

「オールドメード」のゲームでは、ジョーカーを含まない52枚からクイーンを1枚抜いて残りの51枚を使って「ババ抜き」の要領でゲームを行いました。

最後に残ったクイーンを持っていた人が負けになります。

「old maid」とは、未婚女性や婚期を逃した未婚の女性の意味になります。

昔の日本で「オールドミス」や「ハイミス」といっていた女性になります。

明治40年(1907年)刊行の「世界遊戯法大全」には、ジョーカーがない「オールドメード」のゲームが、「お婆(ばあ)ぬき」という名前で載っています。

キングを抜いて遊ぶ「お爺抜き(old bachelor)」も紹介されています。

ゲームを始める前にクイーン(婆)を抜いておくので、「お婆(ばあ)ぬき」といったようです。

「お婆(ばあ)ぬき」が、「ババ抜き」と呼び方が変わったと考えられます。

クリーンを抜いて遊ぶ「お婆(ばあ)ぬき」が、ジョーカーを抜くのに「ババ抜き」として呼ばれています。

ジョーカーはもともと「ババ」ではありませんでした。


PAGE TOP