ライオンの狩りはメスが行う理由。オスは何をしている?

Sponsored Link

ライオンの狩りはメスが行うといわれていますが、ライオンのオスはなにをしているのでしょうか。

ライオンの生態を知れば、メスとオスの役割が分かりそうです。

ライオンは、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される肉食の哺乳類です。

ライオンの別名には「獅子(シシ)」があります。

世界的に「百獣の王」として有名な大型哺乳類で、一般的に最も強い動物であると思われています。

ライオンのオスの外見は、たてがみが非常に特徴的です。

ライオンの容貌は、あらゆる文化のなかで動物のシンボルとしては最も広まっているようです。

実際にも、全ての動物の中で国獣として選ばれる数はライオンが最も多いとされています。

彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている哺乳類です。

オスのライオンは、体重が250kgを超えることもあるネコ科でも大きな種類です。

現在のライオンの主な生息地は、アフリカ大陸のサブサハラになります。

インドのジル国立公園にはインドライオンがいますが、絶滅が危惧されている種類になります。

現在では絶滅が危惧されていますが、約1万年前までのライオンはヒトに次いで広く分布していた大型陸上哺乳類だったとされています。

ライオンは危急種であり、アフリカではこの20年間で30~50%まで頭数が減っているとされています。

現在では、保護区や国立公園に指定された地以外では生息が難しくなっています。

 

次に、ライオンの狩りとメス・ライオンのオスの役割・ライオンの生態、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ライオンの狩りとメス

 

4f979327a639b

 

ライオンの獲物の狩りは、主にメスが集団で狩りを行います。

メスが扇形に散開しながら獲物に忍び寄るスタイルの狩りを行います。

走行速度は時速58kmに達するとされています。

ライオンのオスが狩りに協力することもあります。

大型の獲物は吻端や喉に噛みつき窒息死させて捕えます。

捕らえた獲物は主にオスが独占します。

母親は幼獣に獲物を分配しますが、獲物が少ない場合は分配しないので幼獣の死亡率は高くなっています。

次に、ライオンのオスのこと・ライオンの生態について紹介します。

 

ライオンのオス

 

male-lion-3997167_960_720

 

ライオンの狩りでは主にメスが集団になって行います。 

ライオンのオスは、基本的に他のオスから縄張り内のメスを守ります。

群れを乗っ取ったオスは群れ内の幼獣を殺すことでメスの発情を促します。

群れ内の競合相手をなくすことで、自分の子孫を多く残すことができると考えられています。

群れのために狩りのほとんどはメスの集団が行います。

メスが狩りを行う理由には、オスは目立ちやすいたてがみが狩りの妨げとなること、また狩の最中に興奮しやすいということなどがあるようです。

次に、ライオンの生態を紹介します。

 

ライオンの生態

 

ライオンの狩りは主にメスが行いますが、ライオンのオスも狩りを協力することがあるようです。

ライオンの生態の概要を紹介します。

ライオンは、草原や砂漠まで様々な環境に生息しています。

行動圏内は、20~400平方キロメートルです。

吠えたり尿を撒いて臭いをつけて縄張りを主張しています。

主に体重50~500kgの中型から大型の哺乳類を食べています。

小型哺乳類・鳥類・爬虫類・昆虫なども食べます。

他の動物が捕らえた獲物を奪うこともあるようです。

主に夜間に狩りを行うが、草丈が長く身を隠せる茂みでは昼間も狩りを行います。

捕食する動物が少なくなると縄張りを拡大することもあるようです。

オス1~3頭が、15頭程度までのメスと幼獣の群れを形成して生活しています。

縄張り内では小規模な群れ(サブプライド)で分散して生活することが多いとされています。

生後2~3年で群れから追い出されたオスは、別の群れに入るまでは同じ群れにいたオスと共同で生活しています。


PAGE TOP