パイロットが帽子をかぶる理由。機長と副機長で帽子は違う?

Sponsored Link

飛行機のパイロットはカッコいい帽子を被っています。

パイロットが帽子を被っている理由を知っていますか。

機長と副機長の帽子には違いがあるのかも気になります。

パイロットは帽子を被っていないと、操縦が出来なくなる可能性があるようです。

パイロットの仕事には、操縦以外の仕事もあります。

パイロットの操縦以外の仕事は離陸前にあります。

パイロットは、出発前に必ず機体の外部点検をしなければならないと航空法で決められているようです。

帽子(制帽)は制服の一部として、就業中は着帽が義務付けられています。

帽子(制帽)は機体の外部点検には欠かせないとされています。

 

次に、パイロットが帽子を被っている理由・機長と副機長の帽子の違い・パイロットになるには、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

パイロットが帽子を被っている理由

 

publicdomainq-0006956vdl

 

パイロットが帽子を被っている理由は、制服の一部として、就業中は着帽が義務付けられていることです。

パイロットは離陸前に機体の外部点検をすることが航空法で決められています。

航空機は、整備士が細かいところを見ます。

パイロットは整備士の点検項目にプラスして、機体全体を見てバランスなどを確認します。

飛行機の機体・着陸装置の安全性や傾きなどの確認中に、機械に付着している油や汚れが落ちてくることもあります。

点検時に落ちてくるエンジンオイル・作動油などから帽子のつばが目を守ります。

点検中のパイロットに異常があれば、最悪の場合は欠航になる可能性もあります。

パイロットは、操縦席についたら制帽や上着を脱いでサングラスをして目を守ります。

次に、機長と副機長の帽子の違いを紹介します。

 

機長と副機長の帽子の違い

 

job_pilot_man

 

パイロットが帽子を被っている理由は、航空法で決められている以外に、機体の外部点検中に目を守るためです。

ANAの機長と副機長の帽子の違いを紹介します。

ANAの場合の機長と副機長の帽子の違いは金モールです。

機長の帽子のつばの部分には金モールと呼ばれる装飾があります。

副操縦士の帽子には、金モールの装飾がありません。

金モールは帽子以外にも使われています。

制服の肩章や袖章の金モールの数が、機長と副機長では違います。

機長の制服の肩章や袖章には4本の金モールがついています。

副機長の制服の肩章や袖章には3本の金モールがついています。

 

パイロットになるには

 

パイロットが帽子を被っている理由は目を守るためです。

ANAの機長と副機長の帽子の違いは金モールがあるか否かです。

高校を卒業してから専門の学校に進学してから、パイロットへの道が始まります。

・大学や専門学校の操縦科やパイロット養成コースを卒業してから、事業用操縦士国家試験に合格してパイロットになるコースがあります。

それから、航空会社の有資格者採用試験を経て旅客機のパイロットになります。

・大学を卒業してから、航空会社の自社養成コース→事業用操縦士国家試験→パイロットになるコースもあります。

・大学、短期大学、専門学校→航空大学校→事業用操縦士国家試験→航空会社の有資格者採用試験からパイロットになるコースもあります。

普通の職業と比べて、機長として活躍できるようになるまでの年数が必要です。

年齢を考えると、機長として活躍できる期間は長くはないので、最短で資格試験をクリアする必要がありそうです。


PAGE TOP