スポーツの暗黙の了解。サッカー、バスケ、卓球などの不文律

Sponsored Link

スポーツには暗黙の了解があるようです。

スポーツの中でも、非常に暗黙の了解が多いのが野球だと言われています。

野球の不文律・サッカーの不文律・バスケの不文律・卓球の不文律・バレーボールの不文律などを知っていれば、スポーツ観戦の楽しみも倍増しそうです。

野球の不文律とは、野球の公認野球規則(ルールブック)に記されていないけれども守らなければいけないとされていることです。

メジャーリーグベースボールや日本プロ野球などプロ野球の試合においては、不文律を破ると故意死球などの報復を受けることがあるようです。

野球の不文律は、長い野球の歴史を経る中で形成されたと考えられています。

不文律が形成されていった理由には、勝負に負けたり、あるいは負けつつある相手を、さらに貶めることなく敬意を表するためであるとされています。

既に勝敗が決している試合などで、記録が乱造されることを避けるためなどの理由もあります。

日本の野球の攻撃側の不文律には、

・対戦相手1人だけの引退試合の投手には、空振り三振をしなければならない。

・6点以上の大差でリードしている攻撃側は、6回以降ではカウント3ボール―0ストライクから打ちにいってはならない・バントや盗塁などの戦術をとってもいけない。

・併殺打を防ぐなどの目的で危険なスライディングをしてはいけない。

・本塁打を打った打者は立ち止まって打球の行方を追ったり、大げさにガッツポーズをしたり、わざとゆっくりとダイヤモンドを回ってはいけない。

・ノーヒットノーランや完全試合の阻止や投手タイトルがかかっている場面で、バントをしてはいけない。

・二者連続本塁打後には初球を打ちに行ってはならない。

・死球を受けてもその箇所をさすって派手に痛がってはいけない。

・相手投手がマウンドで投球練習中に、ダートサークル内に入ってはいけない。

・打者が打席に入る時には、球審や捕手の前を横切ってはいけない。

・捕手のサインの盗み見はいけない。

・二塁走者が打者にサインを教えてはいけない。

・投手の集中を妨害するための話しかけはいけない、などがあります。

 

次に、スポーツの暗黙の了解とされる、サッカーの不文律・バスケの不文律・卓球の不文律・バレーボールの不文律などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

サッカーの不文律

 

8ca21392d460c5233233bc642f8e8986

 

スポーツの暗黙の了解の中での、サッカーの不文律を紹介します。

・選手が負傷しピッチ内で倒れている時には、相手チームはボールをタッチラインの外に蹴りだす。

・相手チームが敵選手の負傷をみてボールを外に出した時には、負傷した選手のチームは最初はボールを相手チームにわたす。

・自分が倒してしまった相手選手を助け起こす。

・試合終了後は、お互いにユニフォームを交換する。

・選手がピッチに入場するときには、子どもと手をつないで入場する、などがあります。

次に、・バスケの不文律・卓球の不文律・バレーボールの不文律などの紹介をします。

 

バスケの不文律

 

jMpAMeuxa6rIs3B1VPthDSOuVgb306zyM6Ea7zAx

 

スポーツには、暗黙の了解があります。

サッカーの不文律では、倒してしまった相手選手を助け起こすことを見かけることが多いようです。

次に、バスケの不文律を紹介します。

バスケの不文律はガベージタイムでの慣習になります。

ガベージタイムとは、勝敗が決まった後の残り時間のことです。

・ガベージタイムには、勝っているチームはタイムアウトを取ってはいけない。

・勝敗が決まった最後の攻防では、どちらかがプレイをする意志がなくなったら攻防をやめる、などがあります。

次に、卓球の不文律・バレーボールの不文律などの紹介をします。

 

卓球・バレーボールなどの不文律

 

卓球の不文律は、10-0でリードしている場合は、完封しないように、わざと1点取らせる、などがあります。

卓球の不文律は、弱者をいたわる暗黙のルールのようです。

バレーボールの不文律は、サーブを決めたり、スパイクを決めるなどの得点を決めるなどの行為をしたら喜ばないといけない。

「喜んではいけない」という暗黙の了解があるスポーツが多い中では、バレーボールの暗黙のルールは珍しいですね。


PAGE TOP