パルマローザの効能、使い方

Sponsored Link

多くの化粧品に使われる、万能薬のパルマローザが注目されています。

パルマローザの持つ身体・心・肌への効果と効能やパルマローザの使い方を知っていれば役立ちそうです。

パルマローザなどのハーブの芳香成分が注目されています。

ハーブの芳香成分には脳内分泌物として有名なドーパミンを出す働きがあるようです。

ハーブの、やる気を引き出す働きや幸福感を得る働きは魅力的ですね。

アロマなどの精油に含まれている「ゲラニオール」という芳香分子には、ドーパミンの分泌を促進する働きがあると考えられています。

ゲラニオールを含むハーブには、パルマローザ・ゼラニウム・ローズ・シトロネラ・レモングラスなどがあります。

ゲラニオールの含有量は、

・パルマローザが75~85%

・ゼラニウムが10~20%

・ローズが5~10%

・シトロネラが15~25%

・レモングラスが0~5%になっているようです。

 

次に、パルマローザのこと・パルマローザの効能・パルマローザの使い方・パルマローザとドーパミンについて紹介します。

 

スポンサーリンク

パルマローザ

 

o0460046013735947534

 

パルマローザは、カヤツリグサ目イネ科オガルカヤ属の植物です。

パルマローザからとった精油の香りはオリエンタル系です。

シトラスとフローラルが混ざったような、爽やかなローズのような香りになります。

パルマローザに含まれている主な成分は、ゲラニオール75~85%・酢酸ゲラニル・リナロールなどです。

パルマローザの精油が使われ始めたのは18世紀頃だと考えられています。

インドやトルコにもありますが、マダガスカル産の精油が最も高品質と言われています。

パルマローザは、タバコの香りづけや香水の原料として使われています。

インドではアーユルヴェーダの治療にパルマローザが使われています。

次に、パルマローザの効能・パルマローザの使い方・パルマローザとドーパミンについて紹介します。

 

パルマローザの効能

 

shutterstock_535084930-1

 

パルマローザには、心への効能・体への効能・皮膚への効能が期待されています。

心への効能は、神経系をリラックスさせることです。

自然の流れに身を任せる柔軟さを与えるパロマローザは抗うつにも効果的だとされています。

体への効能は、体のバリア機能をアップさせることです。

ウイルスや細菌から体を守る作用があります。

泌尿器や生殖器系の感染症・膀胱炎・尿道炎・神経痛・頭痛・座骨神経痛・リウマチ痛などを抑える働きや、内分泌系やリンパ系にも良い働きがあります。

皮膚への効能は、皮膚の細胞の調整をすることです。

パルマローザはスキンケアに使われる精油です。あらゆるタイプの肌にあう精油なので安心して保湿・消炎・抗菌・抗ウイルスに使えます。

次に、パルマローザの使い方・パルマローザとドーパミンについて紹介します。

 

パルマローザの使い方

 

パルマローザには心・体・皮膚に役立つ効能があります。

パルマローザの使い方には、芳香浴・沐浴・ボディーケア・ハンドケア・ヘアケア・スキンケア・保湿クリーム・フレグランス・ホームケアなどがあります。

パルマローザをドーパミン分泌に役立てるには、直接塗布よりもデイフューザーで部屋に芳香成分を拡散して吸い込むほうが有効です。

体に入った芳香成分が、その人に力を発揮できるようにサポートします。

芳香成分の不要な分は、汗や尿に交じって速やかに排出されるので、ドーパミンが出過ぎる心配はありません。


PAGE TOP