妊娠中は寝るときも靴下を履いた方が良い?

Sponsored Link

妊娠中は下半身を冷やさないように靴下を穿きましょう。

寝るときも冷えないように靴下を穿いたほうが良いですね。

妊娠中はお腹も大きくなるだけでなく心拍出量増加します。

心拍数の増加により冷え症を自覚することが難しくなります。

妊娠中のママは、冬だけでなく年間を通して「冷え」に注意することが大切です。

冬の寒さ対策は大切ですが、気を付けなければいけないのが春季・夏季・秋季です。

夏は薄い洋服を着て冷房が効いた中で過ごす時間が多くなります。

妊娠中のママは身体だけでなく子宮の冷えには注意することがあります。

妊娠中のママの身体の冷えの影響には、・身体が冷えて筋肉が硬くなると腰痛・肩こり・足のツリなどが起こりやすくなります。

身体の血液循環の悪化は足や手先の“むくみ”の原因になります。

子宮を冷やすと、微弱陣痛・分娩の時間・産後の肥立ち・産後の出血・母乳の分泌などにも悪影響を与えます。

妊娠中の冷えはママの体調不良に悪影響を与えます。

 

次に、妊娠中は冷えに注意が必要です。赤ちゃんのためにも靴下を寝るときに利用しませんか。

 

スポンサーリンク

妊娠中の冷え

 

20160402_1

 

妊娠中の身体の冷えはいろいろな悪影響があります。

下半身の冷え対策には靴下を寝るときに穿くのも効果があります。

夏のクーラーの冷えには注意が必要です。

妊娠中のママはレッグウォーマーや靴下で足元の冷え対策を行ってください。

クーラーで冷えた床は下半身を冷やします。

冷えた床の温度を足からお腹に伝えないように足元を温かくすることが大切です。

 

食事面での妊娠中の冷え対策

 

mark_ninpu

 

妊娠中は靴下などを穿いて寝るときの下半身の冷え対策をするのも大切です。

食事面での対策でも身体の冷え対策ができます。

野菜では地面の中で育つものが身体を温める働きがあります。

妊娠中の冷え対策に役立つ野菜には根菜類があります。

イモ類・ゴボウ・人参・大根などの根菜類を食べて冷え対策しませんか。

イモ類・ゴボウ・人参・大根などの根菜類は加熱すればエネルギーを取り込みます。

温かい料理を食べて身体にエネルギーを取りこんで冷えを予防してください。

レタスやキュウリなどの生野菜やスイカなどは身体を冷やすので注意が必要です。

 

妊娠中のトレーニング

 

妊娠中は靴下などを穿いて下半身の冷え対策が大切です。

レッグウォーマーや5本指靴下を寝るとき穿けば下半身の冷え対策になります。

妊娠中は運動不足になるので日頃のウォーキングは大切です。

生活の中にウォーキング・マタニティートレーニングを取り入れることで筋力低下を予防できます。

筋肉量と身体の熱量は比例します。

筋肉量を増やすことで身体の冷えを予防できます。

マタニティートレーニングとは、1kg程度のダンベルや水を入れたペットボトルをもって軽い筋力トレーニングをするエクササイズになります。

 


PAGE TOP