にんべんに右(佑)の意味、読み方、熟語、使い方

Sponsored Link

にんべんに右と書くと「佑」という漢字になります。

「佑」は人を部首に持つ「人部(じんぶ)」の漢字です。

「人部」とは、人を部首に持つ漢字の集まりです。

「人部」には、ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称などの意味があります。

「佑」の旁(つくり)は「右」です。

「右」の音読みは「ウ・ユウ」、訓読みは「みぎ・たす(ける)」になります。

「右」の部首は「口」です。

「右」の意味には、みぎ・みぎがわ、などがあります。

「人部」の漢字で旁(つくり)が「右」の漢字の「佑」の熟語にはどのような言葉があるのでしょうか。

「佑」の訓読み・訓読みや使い方を知っていると役立ちます。

 

次に、にんべんに右の「佑」のこと・「佑」の熟語・「佑」の音読みと訓読みや使い方の紹介をします。

 

スポンサーリンク

にんべんに右の「佑」

 

u4f51

 

にんべんに右と書く「佑」は人部の漢字です。

「佑」は、人部+5画の「人部5画」の漢字になります。

「佑」の総画数は7画になります。

JIS漢字水準は、JIS第1水準になります。

漢字検定は漢字検定1級で、日本語能力検定は「JLPTN1」です。

「佑」の意味には、「たすける」などがあります。

「佑」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0

213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。

「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+4F51」になります。

「JISX0213」の文字コードは、「1-45-04」になります。

「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「006080」になります。

「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+4F51」になります。

次に、「佑」の熟語・「佑」の音読みや訓読み・「佑」を含む名前を紹介します。

 

「佑」の熟語と音読み・訓読み

 

s2222

 

にんべんに右と書く「佑」の意味には、「たすける」などがあります。

「佑」を含む一般的な熟語はありません。

「佑」を使った名前例を紹介します。

・神佑・天佑・保佑・杜佑・佑助・原佑・保佑・佑啓・佑助、などがあります。

「佑」の音読みは、「ウ」・「ユウ」などになります。

「佑」の訓読みは、「たす(け)」・「たす(ける)」になります。

次に、「佑」の使い方を紹介します。

 

「佑」の使い方

 

にんべんに右と書く漢字の「佑」の一般的な熟語はありません。

「佑」を使った名前には、保佑・佑啓・佑助などがあります。

「佑」の音読みは「ウ・ユウ」で、訓読みは「たす(け)・たす(ける)」です。

「佑」の使い方例を紹介します。

・佑けとでも云う・佑のふたりへ計って・天の佑けとでも

・天の佑が・天の佑、などがあります。


PAGE TOP