アンティーク、ヴィンテージ、レトロの意味、違い。いつから?

Sponsored Link

アンティークとヴィンテージとレトロの意味は似ています。

アンティーク・ヴィンテージ レトロの違いをキチンと理解しているでしょうか。

ヴィンテージと呼ばれるのはいつからなのかシッカリ分かっていないと恥ずかしい思いをすることもあります。

 

次に、アンティーク・ヴィンテージ・レトロの意味や、アンティーク・ヴィンテージ・レトロの違い、ヴィンテージと呼ばれるのはいつからなのかなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

アンティーク

 

PP_clock_TP_V

 

アンティーク・ヴィンテージ・レトロの意味や、アンティーク・ヴィンテージ・レトロの違いを分かるために「アンティーク」の概要を紹介します。

アンティークの英語表記は「antique」になります。

アンティークの意味は、骨とう品や古美術品などの意味になります。

アンティークの定義は1934年制定の通商関税法に記されています。

アンティークと呼ばれるのは、製造から100年以上経過している品で品格があることになります。

製造から100年以上経過している品であれば、デザインは同じであっても保存状態や使用具合などで雰囲気が変わるので1点ものになります。

アンティークの雰囲気を持つ製品にアンティーク調というのがあります。

アンティーク調とは、古い年代物に見せたデザインになります。

次に、ヴィンテージ・レトロのことや、ヴィンテージと呼ぶのはいつから?などの紹介をします。

 

ヴィンテージ

 

331917938_1

 

アンティーク・ヴィンテージ・レトロの意味や、アンティーク・ヴィンテージ・レトロの違いを分かるために「ヴィンテージ」の概要を紹介します。

ヴィンテージの語源はフランス語の「vendange」になります。

ヴィンテージはもともとは、ブドウの収穫からワイン製造工程を指しています。

ワインはブドウの収穫の年や、ブドウを収穫してワイン製造をする地域によって出来が違います。

ヴィンテージは、ワインが美味しくできた当たり年のことになります。

時代の経過とともにヴィンテージは「名品」や「希少価値の高いもの」という意味を表現する言葉になりました。

英語表記の「vintage(ヴィンテージ)」は、「~の頃(時代)」を意味する言葉です。

ファッションの世界でのヴィンテージは70年代以前の品で、完成度が高く時間とともに良さが増すような衣類になります。

服などで時代を経た良さなどは個人的な感覚なので、古着とヴィンテージの境目は難しいとされています。

ヴィンテージと呼ぶのはいつから?と問われたら、70年代以前の品だと答えてください。

次に、レトロのことを紹介します。

 

レトロ

 

アンティーク・ヴィンテージ・レトロの意味や、アンティーク・ヴィンテージ・レトロの違いを分かるためにレトロのことを紹介します。

ヴィンテージと呼ばれるのはいつからなのか疑問でしたが、70年代以前の品というのが分かりました。

レトロは「retrospective」の略の言葉です。

「retrospective」の意味には、回顧・懐旧などがあります。

レトロには、懐古的である・古いものを好む・古いものを好む様子などの意味があります。

懐古とは昔を懐かしく思い出すことです。

懐古的は昔を懐かしく思うことですが、新しいけども古い品に見えるという意味も含みます。

レトロはアンティークやヴィンテージと違い、実際の年代や品質を表していません。

レトロは、趣味や世界観を指す言葉になります。


PAGE TOP