効果、効能の意味、違い、使い方。英語では何て言う?

Sponsored Link

ダイエット器具やサプリメントなどを購入すると、効果や効能などが記述されていることがあります。

スポーツ器具やダイエット器具を購入する時には、使用効果を良く調べなければいけませんね。

効果と効能の違いが分からないと感じている人も多いのではないでしょうか。

効果と効能の意味が分からなければ、効果や効能の使い方は分かりません。

効果・効能の英語表記も知っていれば、海外のサプリメントを購入したときに役立つかもしれません。

 

次に、効果と効能の違い・効果や効能の使い方・効果や効能の英語表記などを紹介します。

 

スポンサーリンク

効果

 

f3b90b5ffb55219ab9a5437fd86bc1cc

 

効果・効能の違いを分かるために「効果」の概要を紹介します。

効果は、一般的にある特定の行為・動作・操作によって起こった、ある特定の好ましい現象になります。

科学の実験でおこった現象・会社の営業・商品などの宣伝・スポーツでのポイントの取得など、いろいろな場面で「効果」という言葉が使われています。

科学の分野で使われる「効果」では、○○効果といわれることがあります。

結果が好ましいか否かは問われない使われ方です。

「温室効果」や「圧電効果」や「音響効果」などです。

「効果」の使い方は多く熟語もたくさんあります。

・相乗効果・所得効果・学習効果・舞台効果・効果音・逆効果・効果的

・光電効果・代替効果・資産効果・異化効果・依存効果・外部効果・価格効果

・逆流効果・光起電力効果・光背効果・実質残高効果・乗数効果・焦電効果

・深色効果・浅色効果・寸法効果・転位効果・富効果・内部光電効果・熱電効果

・熱電子効果・日傘効果・費用効果分析・表皮効果・法律効果・密度効果などがあります。

次に、効能のこと・効能の使い方・効果と効能の英語表記などを紹介します。

 

効能

 

20181022142737_46

 

効果・効能の違いを分かるために「効能」の概要を紹介します。

効能は、ある物質の作用によって得られる効果のことになります。

・医薬品のように服用や塗布によってその効果を得るもの

・サプリメントのように毎日の食事では不足している微量栄養素の補給

・温泉のように入浴や飲泉によって効果を得る場合などがあります。

医薬品やサプリメントの効能はある程度分かりますが、温泉の効能については?の人も多いのではないでしょうか。

温泉における効能は、2つに大別できます。

入浴による温泉の効能と、飲泉による温泉の効能です。

温泉の効能には、人体にとって有益な効能だけでなく、悪影響を及ぼす効能もあります。

有益なものは適応症、悪影響があるものは禁忌症などと呼ばれています。

効能は、温泉分析書に「適応症」、「禁忌症」として記載されています。

温泉分析書には、泉質に基づいた効能を記載するのが原則であるとされています。

効能は、その効果を万人に保証するものではなく、あくまでも目安であることに注意する必要があります。

効能の使い方には、

・温泉の効能を調べる・水質の効能を調査した・挨拶状の効能を活用しよう・疲労回復の効能・精神を安定させる効能、などがあります。

次に、効果と効能の英語表記を紹介します。

 

効果と効能の英語表記

 

効果と効能の違いが分かるには、効果と効能の意味を知る必要があります。

効能の使い方では、薬の効能などがあります。

薬の効能を書き記したものは「効能書き」と呼ばれます。

「効能書き」を略した言葉は「能書き」になります。

「能書き」の使い方には、薬だけではなく自分の宣伝文句もあります。

ビジネスシーンで“能書きだけは一人前だ“と聞いたことはありませんか。

効果の英語表記は「effect」になります。

効能の英語表記は「efficacy」になります。


PAGE TOP