リースとレンタルの違いと使い分け方。各々のメリット、デメリット

Sponsored Link

リースとレンタルの違いが分からないという人も多いようです。

リースとレンタルには、それぞれメリットとデメリットがあります。

リースとレンタルの仕組みが分かっていれば上手に使い分けられます。

リースとレンタルの違いを理解して経済的に利用しませんか。

 

次に、リースとレンタルの違い・リースとレンタルのメリット・デメリットを紹介します。

 

スポンサーリンク

リース

 

lgi01a201408052200

 

リースとレンタルの違いを分かるために「リース」の概要を紹介します。

リースの英語表記は「lease」になります。

リースは、企業などが選択した機械設備等をリース会社が購入して、その企業に対してその機械設備等を比較的長期にわたり賃貸する取引です。

リース対象物件には中古・新品がありますが、多くの場合は新品の物件になります。

リース会社が借手企業の代わりに新品の物件を購入した後に貸し出すシステムです。

物品の所有権はリース会社ですが、企業は自社で購入した場合とほぼ同様に物品を使用できます。

リースには、「ファイナンス・リース契約」と「オペレーティング・リース契約」があります。

「ファイナンス・リース」は、設備機器導入を目的とした資金調達手段のひとつとして金融色が強い契約になります。

「オペレーティング・リース」は、リース期間終了後の残存価格を設定したり、中途解約が可能である等、賃貸借色が強い契約になります。

基本的にリースに出来ないものはありません。

リース契約されている物件には、情報通信機器・家具・工場などの生産設備・輸送機械などがあります。

情報通信機器には、コンピュータ・プリンタ・サーバ・複写機・情報機器・通信機器などがあります。

家具には、机・ロッカー・陳列棚などがあります。

生産設備の工作機械・印刷機械・射出成型機や建設機械もあります。

輸送機械には、自動車・船舶・航空機・鉄道車両・フォークリフトなどがあります。

 

レンタル

 

building_rental_video

 

リースとレンタルの違いを分かるために「レンタル」の概要を紹介します。

レンタルの英語表記は「rental」です。

レンタルは、代金と引き替えに商品を一定期間貸し出すことです。

レンタルのことを「賃貸」とも言います。

レンタルは、使用期間・回数に対して、購入費用が高すぎるような製品などで使われています。

レンタルでは、盗難や破損した場合の保険を使用者負担でかけています。

レンタルする時には、運転免許証・健康保険証・学生証などの身分証明書が必要になります。

インターネット経由で申し込み、宅配でレンタルの受け渡しが行われる場合は、クレジットカードでの支払いになるようです。

レンタルには、個人向けレンタルと企業向けレンタルに大別されます。

個人向けレンタルでは、

映画等のレンタルビデオ・自動車・二輪車・自転車・家電・家具・一時的に使用する衣装や道具・高価で専門的な機材・マッサージチェアなどがあります。

企業向けレンタルでは、

飲食店向けの「おしぼり」・企業がプレゼンテーションやイベントを行う際の機材・出張時のレンタカーなどがあります。

貸しホールや多目的ホールのレンタルもあります。

 

メリット・デメリット

 

リースとレンタルの違いを知れば、メリットとデメリットが分かります。

リースのメリットは、物件導入時の高額資金が不要・煩雑な管理事務が不要・コスト把握が容易などです。

リースのデメリットは、支払総額が高くなる・中途解約ができないなどがあります。

レンタルのメリットは、必要な時に機能が借りられる・事務処理負担の軽減があります。

レンタルのデメリットは、リースや購入と比べると料金が割高・選択肢が限られるなどがあります。


PAGE TOP