長芋、山芋、自然薯の違い。とろろになるのはどのお芋?

Sponsored Link

長芋と山芋と自然薯の違いを知っていれば、美味しい料理つくりに活かせますね。

長芋・大和芋・山芋・自然薯は、「ヤマノイモ」の種類になります。

「ヤマノイモ」の漢字表記は「山の芋」です。

ヤマノイモは、ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性の植物や担根体のことです。

ヤマノイモ(山の芋)は、古くは薯蕷と書いてヤマノイモと読んだようです。

 

次に、ヤマノイモ(山の芋)のこと・長芋と山芋と自然薯の違い・“とろろ”にするのはどれ?・値段は?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ヤマノイモ(山の芋)

 

069ef689bcdb5b312b45ed3698a47ba4_t

 

長芋・山芋・自然薯・大和芋は、ヤマノイモ(山の芋)の種類になります。

ヤマノイモは、北海道南西部から本州・四国・九州に分布しています。

雌雄異株のつる植物で、細長いハート形の葉を持っています。

地下には1本の芋があり、芋は地下深くへとまっすぐに伸びて1mを超えることもあります。

赤土土壌で採れたヤマノイモは風味がよいとされています。

ヤマノイモは、里山の林道沿いや河川沿いの土手に自生しています。

ヤマノイモの長く伸びる根を芋として食用にします。

ヤマノイモは薬用にもなります。

ナガイモの漢名に「山薬(さんやく)」があります。

皮を剥いたヤマノイモやナガイモの根茎を乾燥させた生薬も「山薬」と呼びます。

「山薬」は日本薬局方に収録されています。

「山薬」には、滋養強壮・止瀉・止渇作用があります。

「八味地黄丸(はちみじおうがん)」や「六味丸(ろくみがん)」などの漢方方剤にも「山薬」が使われています。

 

長芋・山芋・自然薯の違い

 

111254907

 

ヤマノイモ(山の芋)の種類に、長芋・山芋・自然薯・大和芋があります。

長芋は中国原産種の芋です。

自然薯は日本原産種の芋になります。

大和芋は南方原産種の芋になります。

長芋・自然薯・大和芋等を総称して「山芋」と呼んでいます。

本来は、山に自生する自然薯だけを「山芋」と呼んでいました。

現在では、大和芋や長芋等の外来種も「山芋」と呼ぶようになっています。

 

“とろろ”にするのはどれ?

 

山芋の特徴で健康に良いとされる粘りは、自然薯>大和芋>長芋の順になっています。

出汁で倍に伸ばして香りも粘りも生きるのは自然薯だけです。

自然薯は、大和芋・長芋と比べて遥かに粘り気が強いので“とろろ”にするのは自然薯が一番適しているとされています。

すりおろしてから白醤油や出汁などを加えて伸ばし“とろろ”にするのが自然薯の代表的な調理法になります。

“とろろ”を出汁で伸ばして、麦飯ないし麦入り米飯にかけた「麦とろご飯」は美味しいですね。

天然物の「山芋」である自然薯が最も価格が高くなります。

長芋が1000円の場合、「山芋」の自然薯は約4倍の4000円程度になります。

天然物の山芋の自然薯はスーパーで見かけることはほとんどありません。


PAGE TOP