節分に豆まき以外に落花生、チョコレート、マシュマロをまく理由

Sponsored Link

節分に豆まき以外の行事には、「恵方巻」・「節分そば」・「けんちん汁」などを食べて福を呼び込むなどもあります。

節分は季節の変わり目の日になります。

立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを節分といいます。

室町時代あたりから節分とは立春の前日だけをさすようになったようです。

立春は二十四節気の最初の節気になります。

二十四節気とは立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏~夏至~立秋~春分~立冬~冬至などになります。

昔から季節の変わり目の節分には邪気が入りやすいと考えられていました。

新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むための宮中行事の追儺(ついな)での行事のひとつの“豆打ち”の名残りが“豆まき”になったようです。

昔の節分では大豆をまいていましたが、最近ではチョコや落花生やマシュマロも使われているようです。

昭和も40年代頃までは節分では大豆を“鬼は外”・“福は内”と叫びながら撒いていました。

豆まきした大豆を拾ってゴミを払って食べていたので昔の人は胃腸も丈夫だったのでしょうね。

 

次に、節分に豆まき以外の行事や節分の豆まきで使われるチョコ・落花生・マシュマロについて紹介します。

 

スポンサーリンク

節分の豆まきに落花生

 

s0yjimage

 

節分に豆まき以外の行事には恵方巻を食べて福をつかむ風習もあります。

最近の節分では大豆だけでなくチョコ・落花生・マシュマロも豆まき行事に使っているようです。

昔は大豆を“鬼は外”・“福は内”と叫びながらバーッとまいていましたが、いつの頃からか小袋入りの大豆になりました。

小袋入りの豆だと床から拾って食べる時に不潔ではないので安心して食べられますね。

その次には落花生を使うようになりました。

落花生だと殻付きなので“鬼は外”・“福は内”でまいたあとに拾って殻を破って食べられるので便利です。

 

落花生と豆まき

 

61923

 

節分に豆まき以外の行事には「節分そば」を食べるというのもあります。

「節分そば」を食べて福をつかむことのようです。

最近の節分では家庭での豆まきではチョコ・落花生・マシュマロが使われているようです。

落花生を節分の豆まきでまいている地方では北海道・東北・信越地方が多いようです。

殻付きの落花生なら拾って食べられることが、小さな子供のお腹にも安心というのが理由のようです。

 

チョコ・マシュマロと豆まき

 

節分に豆まき以外の行事には「けんちん汁」を食べるや「福茶」を飲むなどもあります。

最近の節分では大豆だけでなくチョコ・落花生・マシュマロも豆まき行事に使っているようです。

スーパーでもチョコやマシュマロを小袋に入れた、節分の豆まき用のお菓子が袋が売られています。

大豆や落花生では小さな子供が喜ばないので、豆まきを楽しくするためにお菓子の小袋をまくようになったようです。

 


PAGE TOP