小計、合計、総計の違いと使い方、例文

Sponsored Link

小計・合計・累計・総計の違いを間違うと大変なことになります。

ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも見聞きする小計・合計・累計・総計の違いを正しく知ることで間違えません。

小計・合計・累計・総計は、数字の計算結果や計算の仕方を表す時に使う言葉です。

小計・合計・累計・総計では、「小計・合計・総計」と「累計」では性質が異なります。

「累計(るいけい)」は、部分ごとの小計を順番に加えた合計になります。

「累」の文字には、つみ重ねる・次々とつながり重なるなどの意味があります。

累計・累積・累代・累々・累日・累加などと使います。

自動車販売台数の月の累計という場合は、1日に販売した自動車の計を1ヶ月間積み重ねた計という意味になります。

家計では、燃料の月の累計・肉の月の累計や、電気代の1年の累計やガス代の1年の累計などと使います。

 

次に、小計・合計・総計の違いの紹介をします。

 

スポンサーリンク

小計

 

EX-IT-SS-5-5

 

小計・合計・総計の違いを分かるために「小計」の概要や使い方を紹介します。

「小計」とは1部分の合計になります。

「小計」はいろいろな場面で使われます。

商品ごとに集計した場合の小計や、時間軸で集計した小計などです。

次に、合計・総計の違いについて紹介します。

 

合計

 

image17081206_s

 

小計・合計・総計の違いを分かるために「合計」の概要や使い方を紹介します。

「合計」は、小計や計の和になります、合わせ数えることです。

「合計」も小計と同じく、商品ごとに集計した場合の合計や、時間軸で集計した合計などで使います。

次に、総計の違いについて紹介します。

 

総計

 

小計・合計・総計の違いを分かるために「総計」の概要や使い方を紹介します。

「総計」は全部をまとめて計算した結果や、全部をまとめて計算することなどです。

「総計」も合計や小計と同じく、商品ごとに集計した場合の総計や、時間軸で集計した場合の総計などで使います。

「小計」・「合計」を合わせたものが「総計」になります。

自動車を販売している会社を例にして、時間軸で集計した「小計」・「合計」・「総計」を説明します。

1日の自動車販売台数を「小計」・1週間ごとの販売台数を「合計」にした場合、1か月間の販売台数を「総計」として算出します。

自動車を販売している会社を例にして、車種ごとに集計した場合の「小計」・「合計」・「総計」を説明します。

軽自動車・普通車などの乗用車と、軽トラック・トラックなどの貨物車を分類して売上高を計算する場合。

軽自動車・普通車・軽トラック・トラックそれぞれの車種の売上高を「小計」にします。

乗用車と貨物車の売上高を「合計」として算出します。

乗用車と貨物車を合算した「総計」が自動車の売上高になります。

この場合、時間軸の「総計」と車種ごとの「総計」は同額になります。


PAGE TOP