地鎮祭での男女別、夏、冬のそれぞれの服装。ジーンズでもよい?

Sponsored Link

地鎮祭(じちんさい)は「とこしずめのまつり」とも呼ばれる、土木や建築などで工事を始める前に行う儀式になります。

土木工事や建築工事の際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式です。

その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらう許しを得ます。

安全祈願祭・鎮地祭・土祭り・地祭り・地祝いと言われることもあります。

一般には神を祀って工事の無事を祈ります。

工事の着工前に、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れて工事の無事を祈ります。

地鎮祭に参加する時の服装はどうすれば良いのでしょうか。

春夏秋冬の地鎮祭での服やスーツの色など、一般的にはどうしているのか気になります。

個人的な地鎮祭の服装は、Tシャツやジーンズなどの普段着でも良いという意見もあります。

 

次に、地鎮祭の服装(夏季・冬季)・地鎮祭でのスーツの色・自宅の地鎮祭の服装はジーンズでも良い?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

地鎮祭の服装(春夏秋冬)

 


SAMSUNG

 

地鎮祭に参加する時の服装はどうすれば良いのでしょうか。

地鎮祭が個人的なものなのか、公的なものであるかにより服装は違うようです。

昔から地鎮祭の服装は「平服」・「正装」と言われています。

現実的には、地鎮祭の服装マナーはありません。

男性・女性ともに、落ち着いた服装であれば問題はないとされています。

地鎮祭は土地の神様を鎮め、許しを得るために行われる神事になります。

服装や儀式の進め方などには明確な決まりはありません。

個人的な地鎮祭であれば、春夏秋冬にふさわしい落ち着いた服装であれば問題はありません。

公的な地鎮祭であればスーツ(無地・濃い色)が良いのではないでしょうか。

次に、公的な地鎮祭のスーツの色・個人的な地鎮祭の服装はジーンズでも良い?などの紹介をします。

 

公的な地鎮祭

 

oharai_kannushi

 

昔から地鎮祭の服装は「平服」・「正装」と言われていますが、現実的には地鎮祭の服装には決まりはありません。

個人的な地鎮祭であれば、春夏秋冬のそれぞれの季節にふさわしい落ち着いた服装であれば問題はないと考えられます。

大規模な構造物や公的な構造物の地鎮祭であればスーツ(無地・濃い色)着用がふさわしいと考えられます。

男性ならスーツ・ネクタイが必須になると考えられます。

地域性で異なりますが、公的な多くの地鎮祭ではスーツや晴れ着の服装での参加が多いようです。

会社で行う地鎮祭では、商売繁盛の祈願もあるのでスーツや会社の作業着などになるのではないでしょうか。

次に、個人的な地鎮祭の服装はジーンズでも良い?などの紹介をします。

 

地鎮祭とジーンズ

 

地鎮祭の服装には決まりはありません。

個人的な地鎮祭であれば、春夏秋冬にふさわしい落ち着いた服装であれば問題ありません。

大規模工事や公的な構造物の地鎮祭であれば、スーツ(無地・濃い色)や会社の作業着などがふさわしいと考えられます。

個人的な地鎮祭 の服装でも“派手な服装”や“だらしない服装”はNGです。

さっぱりしたTシャツ&ジーンズなどは問題ないとされています。


PAGE TOP