靴の捨て方と分別方法。燃えるゴミと不燃ゴミのどっち?

Sponsored Link

靴の捨て方を知っていますか? 

靴のゴミの分別はどうしていますか。

ゴミ区分には「燃えるゴミ」・「燃えないゴミ」・「資源ゴミ」・「粗大ゴミ」・「容器包装プラ」などがあります。

ゴミ区分は自治体によってさまざまです。

日常生活・経済活動・災害などで発生したゴミ・廃棄物は社会問題になっています。

不法投棄などの環境汚染や健康被害が注目されています。

適切にゴミ区分して処理をする場合でも、ゴミ発生量に対して焼却場・最終処分場での埋め立てが追い付かなかいことが問題になっています。

ゴミ処理の問題は理解していても、住居近くにゴミの搬入や収集・処理施設の新増設に反対したりするケースが多くあります。

日本国内でのゴミ問題への対策には、ゴミの減量・ゴミ収集の有料化・定額制・従量制・資源リサイクルなどいろいろ実施されています。

ゴミの減量対策は、廃棄量そのものを減らす取り組みです。

ゴミ収集の有料化によって、ゴミ収集量を減らしている自治体も多いようです。

只、次第にゴミの排出量が増えて、元の排出量に戻ってしまうリバウンド現象も確認されています。

定額制とは、ゴミの排出量に関係なく、世帯や世帯員一人当たりに付き一定額を負担する方法になります。

従量制は、ゴミの排出量に応じて処理手数料を負担する方法になります。

資源のリサイクルによってエネルギー消費量の削減をする3Rが注目されています。

リデュース(減らす)・リユース(再利用)・リサイクル(繰り返し使う)が実施されています。

ゴミ分別の方法は市町村によって異なっています。

最も分別が多い市町村では、徳島県上勝町が有名です。

徳島県上勝町ではゴミを「34分類」まで増やしているようです。

 

次に、ゴミの中でも悩むことが多い靴の捨て方・靴のゴミ分別方法・リサイクルなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

靴の捨て方

 

publicdomainq-0014929ntw

 

靴の捨て方では悩んでいる人も多いようです。

燃えるゴミ(可燃ゴミ)・燃えないゴミ(不燃ゴミ)・資源ゴミのどれになるのでしょうか。

靴にはいろいろな材料でつくられています。

靴のゴミ分別で困って古い靴を捨てられなくて困っていませんか。

靴のゴミ区分については市町村(自治体)で異なっています。

靴は全て燃えるゴミ(可燃ゴミ)扱いになっている自治体もあります。

金属部分だけ燃えないゴミ(不燃ゴミ)扱いになっている自治体もあります。

 

靴のゴミ分別方法

 

b7baf790566b7d801d3c993127afff74

 

靴の捨て方は市町村(自治体)によって異なるので注意が必要です。

多くの自治体では、靴は燃えるゴミに分別できることが多いような気がします。

靴の捨て方が分からないときには、自治体のホームページでの確認が簡単です。

住んでいる自治体のホームページを開いて、「住所 靴 捨て方」のキーワードでスグに検索できます。

ホームページを開くのが面倒であれば直接自治体に電話確認してください。

 

リサイクル

 

靴の捨て方は自治体のホームページで確認する方法が簡単です。

ホームページで、「靴 ゴミ 分別」のキーワードで検索できます。

履き崩していない新しい靴であればリサイクルする方法もあります。

リサイクルショップを利用すれば少額ですがお金になるかもしれません。

デザインが好きで買った靴でも履かないままで長期間放置する場合もあります。

数回しか利用していない靴であれば、捨てるよりもリサイクルショップで有効利用しましょう。


PAGE TOP