アルミホイルの裏表に違う?くっつくのは裏面?正しい使い方は?

Sponsored Link

アルミホイルには裏表があるのでしょうか。

アルミホイルの正しい使い方や、アルミホイルがくっつかない方法を知っていれば美味しい料理つくりに役立ちますね。

アルミホイルは英語風の呼び方で、日本語ではアルミ箔(アルミはく)になります。

アルミホイル(アルミ箔)は、文字の通りアルミニウムでできた箔です。

アルミ箔のことは、俗に銀紙(ぎんがみ)と呼ばれることがあります。

銀紙は、正確にはアルミ箔に紙を裏打ちしたものです。

銀紙は、折り紙やタバコの内包装として使用されています。

アルミホイルは英語風の呼び方ですが、英語圏にはアルミホイルという略称はありません。

アルミ箔は、単体や他の素材と組み合わせて使われます。

アルミ箔の機能を活かして、耐熱・耐水・耐油・遮光・赤外線反射・電磁遮蔽・酸素遮蔽などいろいろ利用されています。

アルミ箔の厚さによって、食品容器・長期保存飲料容器の内壁・錠剤のパッケージ・保温容器・電子機器などに使用されています。

 

次に、アルミホイルの裏表・アルミホイルの正しい使い方・アルミホイルがくっつかない方法などを紹介します。

 

スポンサーリンク

アルミホイル

 

e316a53e024d2a22dbfe5c77fe755844_t

 

一般家庭でアルミホイルと呼ばれているのは、家庭用アルミホイル製品になります。

日本での一般家庭用のアルミホイルは、「食事用、食卓用又は台所用のアルミニウムはく」という分類・名称になっています。

家庭用アルミホイルは、家庭用品品質表示法の適用がされていて雑貨工業品品質表示規程に定めがあります。

一般的な家庭用アルミホイルは、紙筒を芯として巻き取り紙箱に収める形態になっています。

カットホイルと呼ばれている、ティッシュペーパーのように四角形に裁断して、箱に収めたポップアップの形態の製品もあります。

家庭用アルミホイルの使われ方は、食材や料理を包む・皿や弁当箱に敷くなどです。

ラップフィルムよりも光・空気・水分を通しにくいので冷蔵庫・冷凍庫に入れる食品を包むと保存性が高まります。

ある程度の耐火性があるので、落とし蓋・オーブン加熱やレンジ加熱での皿代わりに使われます。

ホイル焼きなど、食材を焼く際に旨みを逃さないような調理方法もあります。

電子レンジにアルミホイルで包んだ食材を入れて調理すると火花が出ることがあるので避けるほうが無難です。

アルミホイルを鋏で切ると、鋏の切れ味が回復します。

鋏の切る機能が回復する理由は、鋏の刃先に構成刃先という現象が起こるためです。

次に、アルミホイルの裏表・アルミホイルの正しい使い方・アルミホイルがくっつかない方法などを紹介します。

 

アルミホイルの裏表

 

c87c081eb5b3dbcd94d65643784989b7_t

 

アルミホイルの裏表は普段は気にしていませんが、裏と表では機能が違うのでしょうか。

アルミホイルの正しい使い方を知っていれば調理も美味しくなりそうです。

アルミホイルは大変便利な調理器具です。

家庭料理が上手な主婦はアルミホイルを上手に使っています。

アルミホイルの裏表では、多くの人が光沢のある面が表と思っているようです。

結論から言えば、アルミホイルには裏も表もありません。

アルミホイルを製作販売しているメーカーでも裏表は意識していないようです。

アルミホイルに光沢のある面と光沢が無い面があるのは、製造過程でのローラーとの関係のようです。

機能面では裏表の差はありませんが、光沢がある面よりも光沢が無い面には若干の凹凸があります。

アルミホイルには裏も表もないので、アルミホイルの正しい使い方で裏表を気にすることはなさそうです。

電子レンジでは使わないことを気を付けるだけではないでしょうか。

次に、アルミホイルがくっつかない方法を紹介します。

 

アルミホイルがくっつかない方法

 

アルミホイルには裏表はありません。

アルミホイルの正しい使い方で気を付けるのは、電子レンジでは使わないことです。

アルミホイルには裏も表もありませんが、料理をしている時にくっつかない方法を知っていると役立ちますね。

アルミホイルでは光沢のある面と光沢が無い面があります。

厳密な研究結果ではありませんが、光沢が無い少し凹凸がある面のほうが食材にくっつきやすいそうです。

気にするほどの違いではありませんが、光沢のある面のほうが食材にくっつきにくいと言われています。


PAGE TOP