車の正月飾りはいつからいつまで?しめ縄は交通違反になる?

Sponsored Link

正月飾り(しょうがつかざり)をしていると新年を迎えるワクワク感がありますね。

正月飾りは、正月に向けて飾られます。

一般家庭では、正月の前の大晦日以前に飾られます。

正月飾りには、門松・松飾り・しめ飾り・しめなわ・玉飾り・餅花・輪じめ・床の間飾り・座敷飾り・掛け軸・生花・神棚飾り・鏡餅・羽子板・破魔弓などがあります。

車の正月飾りもあります。

昔は車の正月飾りをよく見かけましたが、最近は正月飾りをしている車も少なくなったようです。

車の正月飾りはいつからいつまでなのでしょうか。

車にしめ縄をつけるのは交通違反だという人もいますが本当でしょうか。

車に白いしめ縄みたいのをミラー付けているのを見ることがあります。

 

次に、車の正月飾り・車の正月飾りはいつからいつまで・車のしめ縄は違反?・車につけている白いしめ縄をミラーにつけているけど?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

車の正月飾り

 

ZvQCRdjK

 

最近は、正月にしめ縄を付けた車を見かけなくなったと思いませんか。

20年近く前にはしめ縄を付けた自家用車・業務用車が走っているのをよく見かけたような気がします。

全く見なくなったわけではなく何台かは見かけます。

しめ縄を付けた車がずいぶんと少なくなりましたね。

車にしめ縄を付ける理由の一番は交通安全ですね。

交通安全に加えて、新年を祝う・正月気分を楽しむ・お守りなどもあります。

本来のしめ縄の意味は、「神様の宿る神聖な場所と、俗世とを隔てる結界を成す」です。

神社の周囲や入り口で見かけるしめ縄にはそのような意味があります。

正月に玄関にしめ縄をするのも、年神様を迎えるのにふさわしい場所とするためや、家内安全・無病息災の意味が込められています。

車につけるしめ縄も、交通安全・無病息災意味が込められています。

この車の正月飾りはいつからいつまで付けるのでしょうか。

正月飾りを飾る期間は12月28日~1月7日までが一般的です。

小正月の1月15日まで飾る地域もあります。

また、二十日正月まで飾る地域もあります。

車の正月飾りも地域の習慣に合わせて判断された方が良いと思えます。

次に、車のしめ縄は交通違反になる?・車に白いしめ縄がミラーについているけど?などの紹介をします。

 

しめ縄は交通違反?

 

124957_original

 

車の正月飾りはいつからいつまでか悩んでいる人も多いようです。

基本は住んでいる地域の正月飾り期間になります。

一般的には、1月7日・1月15日・1月20日が正月飾りを片付ける日になります。

車のしめ縄は交通違反になるという人がいますが本当でしょうか。

車のしめ縄は交通違反になるケースは、車のナンバーを覆い隠すように飾った場合だと考えられます。

家庭用などの大きなしめ縄を車につけると、ナンバーを覆い隠すだけでなく外れて路上に落とした場合危険なので注意を受ける可能性はありますね。

通常の車用のしめ縄は、交通違反にならない範囲で作られているはずなので問題ないと考えられます。

次に、車の白いしめ縄のようなのがミラーについている飾りを紹介します。

 

ミラーの白いしめ縄?

 

車の正月飾りはいつからいつまでなのか悩んだら、地域の正月飾りを片付ける日に合わせればよいと考えられます。

車用のしめ縄は交通違反にならないようにつくられているので、所定の付け方を守れば問題ないと考えられます。

車に白いしめ縄のようなものが付いていることがあります。

ミラーについている白いリボンのようなものです。

車のミラーについている白いリボンのような飾りは「房(ふさ)」と言います。

車のミラーにお守りを掛けていた人が、お守りの部分だけを外して房だけにしたのが始まりのようです。


PAGE TOP