「ずつ」と「づつ」の違い、語源、使い分け方

Sponsored Link

「ずつ」と「づつ」の使い分けはどうしていますか?

「ずつ」と「づつ」の違いが分かれば、使い分けがスムーズにできます。

「ずつ」と「づつ」の使い分けには、「ずつ」の語源を知ることも大切なようです。

「ずつ」と「づつ」の表記の仕方は昭和61年(1986年)に出された内閣の訓令で告知されています。

「訓令(くんれい)」とは、上級官庁(行政機関)が所管の別の下級官庁(行政機関)及び職員に対してその職務遂行・権限行使を指揮するために発する命令になります。

「訓令」は、国家行政組織法の第14条第2項に定めがあります。

各省大臣、各委員会及び各庁の長官は、その機関の所掌事務について、命令又は示達するため、所管の諸機関及び職員に対し、訓令又は通達を発することができるとされています。

「訓令」は基本的に公表されません。

公共性が強い「訓令」は、官報や各行政機関のホームページ等に掲載されることもあります。

「訓令」は発出する機関により種類が分けられます。

・内閣の訓令・内閣府の訓令・各省の訓令・外局(庁・委員会)の訓令・その他の訓令などです。

 

次に、「ずつ」と「づつ」の使い分け・「ずつ」・「づつ」の違い・「ずつ」の語源などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

内閣の訓令

 

shutterstock_111487718-650x401

 

「ずつ」と「づつ」の表記の仕方は昭和61年(1986年)に出された内閣の訓令で告知されています。

「ずつ」と「づつ」の表記の仕方は、「現代仮名遣い」に関する内閣告示及び内閣訓令で告知されています。

各都道府県教育委員会教育長・各指定都市教育委員会教育長あての「文化庁次長通知」です。

「じ」・「ず」を用いて書くことを本則とし「ぢ」・「づ」を用いて書くこともできるとされています。

次に、「ずつ」と「づつ」の使い分け・「ずつ」・「づつ」の違い・「ずつ」の語源などの紹介をします。

 

「ずつ」と「づつ」の使い分け

 

yjimageQ0HJ1244

 

「ずつ」と「づつ」の使い分けでは、基本的には「ずつ」を使うのが正しいとされますが、「づつ」を使っても間違いではないとされています。

「ずつ」と「づつ」には違いはありません。

「少しずつ」と「少しづつ」には意味の違いはありません。

「ずつ」と「づつ」の意味には違いはありませんが、公文書・新聞・雑誌・学校などの教育環境・試験の解答などでは「ずつ」の使用が求められています。

日常生活では「ずつ」の代わりに「づつ」を使っても間違いではありませんが、答案用紙に「づつ」を使ったら減点されそうです。

公共放送のNHKでも「ずつ」を正しい表記として統一しています。

日本人の多くは「ずつ」が正しい表記で「づつ」は間違いだと認識しているとされています。

ビジネスシーンでの文章や電子メールでは「ずつ」を使いましょう。

私的なメールや手紙では「づつ」を使っても差し支えはありませんが、日常生活でも統一している方が面倒ではありませんね。

次に、「ずつ」の語源を紹介します。

 

「ずつ」の語源

 

「ずつ」と「づつ」の使い分けは面倒なので「ずつ」に統一した方が良さそうです。

私的なメールや文章では、「ずつ」と「づつ」の違いを気にすることはありません。

次に、「ずつ」の語源の概要を紹介します。

「ずつ」の意味には2つあります。

広辞苑によると「ずつ」には、・一定量の事物を均等に割り当てる意味・その分量だけを繰り返し行う意味を表すとされています。

「ずつ」は古くから日本語として使われてきたものです。

日本ではもともと「ずつ」は「づつ」でした。

「づつ」の語源は、ものを数えるときの音だとされています。

ものを数えるときには一つ・二つ・三つと「つ」が続きます。

ものを数えるときの「つ」を重ねたものが、「づつ」になったとされています。


PAGE TOP