有象無象の意味、由来、読み方、類語、対義語、使い方、例文

Sponsored Link

有象無象の読み方を間違っていると恥ずかしい思いをします。

「有象無象」の読みは「うぞうむぞう」です。

有象無象(うぞうむぞう)の意味には、取るに足らない種々の雑多な連中・多く集まったつまらない人々・雑多なつまらないものたち・烏合の衆・群がり集まった取るに足らない人々などの意味があります。

有象無象は仏教用語に由来していると考えられています。

仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」に由来しています。

仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」の意味は、現象と真理や姿・形をもつものと、それをもたないもの全てを意味する言葉になります。

「有相無相(うそうむそう)」に使われている「相」は姿や形を意味しています。

仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」が「有象無象(うおうむぞう)」に転じたとされる理由にはいろいろな説があります。

「相」は一般には理解しがたい言葉であること・「相」に比べて「像」の方が「形」を表す語として分かりやすいこと・「像」を用いたことで音読みの「ぞう」から「象」が当てられたとされる説が有力なようです。

仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」の全てのものの意味から、「有象無象(うおうむぞう)」の意味である「群がり集まった取るに足らない人々」にどうして変わったかなどは分かっていません。

「有相無相」が「有象無象」に転じた以降に、元の意味からの派生や「うじょうじょ」や「うじゃうじゃ」などの語感からではないかとも考えられています。

 

次に、有象無象の使い方・有象無象の類語・有象無象の対義語などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

有象無象の使い方

 

no-translate-detected_1048-2522

 

有象無象(うぞうむぞう)は仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」が由来だとされています。

仏教用語の「有相無相(うそうむそう)」の意味は、現象と真理や姿・形をもつものと、それをもたないもの全てを意味していますが、有象無象(うぞうむぞう)の意味は「取るに足らない種々の雑多な連中」などの意味になっています。

「有相無相(うそうむそう)」と「有象無象(うぞうむぞう)」は読み方が似ていますが、意味はずいぶんと違うようです。

「有象無象(うぞうむぞう)」の使い方には、

有象無象の輩(やから)・周りの有象無象の意見に惑わされてはいけません・有象無象の区別なく集められましたなどになります。

次に、「有象無象(うぞうむぞう)」の類語・「有象無象(うぞうむぞう)」の対義語などを紹介します。

 

有象無象の類語

 

xg6ReAeX

 

有象無象の使い方には、有象無象の人々が集まった集会が開かれていますなどがあります。

有象無象(うぞうむぞう)の類語では、

群れ・烏合の衆・ばらばら・雑魚・衆愚・その他大勢・寄せ集め・取るに足らない連中・捨て駒の人々・雑多な集団・つぎはぎの集団・弱小集団などが考えられます。

次に、「有象無象(うぞうむぞう)」の対義語の紹介をします。

 

有象無象の対義語

 

有象無象の対義語は、「少数精鋭」・「粒ぞろい」・「選りすぐり」・「よりすぐり」・「精鋭ぞろい」などになるのではないでしょうか。

「有象無象(うぞうむぞう)」を、「有像無象」と書いている例もあります。

現代では「有象無象」を「有像無象」と書くのは誤りだとされています。

間違わないように気を付けてください。


PAGE TOP