秋の花粉症ブタクサの症状、時期、対策。花粉症で咳はでる?

Sponsored Link

秋の花粉症が気になる季節になってきました。

秋の花粉症では、スギ・イネ科・キク科のブタクサ属・キク科のヨモギ属・アサ科のカナムグ

ラなどがあります。

秋季になると、ブタクサ属やヨモギ属の花粉症の症状に悩んでいる人を多く見かけます。

花粉症は、スギ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラなどの花粉を原因として、くしゃみ・鼻水

などのアレルギー症状を起こす病気になります。

花粉症は、「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。

日本人の約25%が花粉症に悩んでいるのではといわれています。

アレルギー性鼻炎は原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されています。

季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎です。

花粉症と言われる季節性アレルギー性鼻炎は、花粉が飛ぶ季節にだけ症状があらわれます。

日本では、約60種類の植物が花粉症の症状を引き起こすと考えられています。

通年性アレルギー性鼻炎は、症状が一年中ある病気です。

通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは、ダニ・ハウスダスト・ゴキブリ・ペットの毛・フ

ケなどです。

通年性アレルギー性鼻炎の症状は、喘息・アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

 

次に、秋の花粉症・ブタクサの花粉症・ブタクサの花粉症の症状などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

秋の花粉症

 

free-illustraion-hay-fever-13

 

秋の花粉症は、秋に植物から放出された花粉を原因とする季節性アレルギー性鼻炎のことです。

秋に花粉を放出する、スギ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラなどの植物が季節性アレルギー性鼻炎を引き起こします。

ブタクサの花粉による花粉症の症状には、鼻の三大症状・目の症状・のどの症状・皮膚の症状・下痢・熱っぽいなどがあります。

鼻の三大症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりです。

目の症状は、かゆみ・涙・充血などになります。

のどの症状は、のどのかゆみです。皮膚の症状は、皮膚のかゆみになります。

 

ブタクサ

 

76087156640f4d9ef152309eaf8a9bf5c13fced1_01_2_9_2

 

秋の花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の原因には、 スギ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグ

ラなどがあります。

ブタクサの花粉症の症状は、鼻の三大症状・目の症状・のどの症状・皮膚の症状・下痢・熱

っぽいなどです。

ブタクサは、日本に明治初期に渡来した帰化植物になります。

全国の道端や河原などに分布しています。

高さは1m程度で、開花時期は7~10月頃になります。

雄花は、約2~3mmの黄色い小花が複数集まった房が細長く連なっています。

雄花の下に雌花が数個咲いています。

葉は細く切れこんでいます。

同属のオオブタクサは草丈がブタクサより高く2~4mほどあります。

ブタクサは花粉症の原因として知られていて、日本国内では花粉症の患者数がスギ・ヒノキ

に次いで存在しています。

秋の花粉症では代表的なアレルゲンです。外来生物法によって要注意外来生物に指定されています。

 

ブタクサの花粉症対策

 

秋の花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)ではスギについでブタクサが多くなります。

ブタクサの花粉症の症状では、しゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・涙・充血がつらいですね。

花粉症対策では、花粉情報のチェック・外出時の防備・屋内に花粉を入れない・帰宅後は洗顔やうがいが大切になります。

花粉情報の要注意日は、天気が晴れ&曇り・最高気温が高い・湿度が低い・前日が雨・ややつよい南風などになります。

前日や当日の未明まで雨が降って、その後天気が回復して晴れ、南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日です。

外出時の防備は、帽子・メガネ・マスク・マフラー・ツルツルのコートにします。


PAGE TOP