片方のまぶたがピクピク痙攣する原因は栄養不足?ストレス?

Sponsored Link

まぶたの痙攣で困っている人もいるようです。

まぶたが痙攣するのは片方・両方発症します。

まぶたの痙攣の治し方はあるのでしょうか。

まぶたの痙攣を相談する病院は何科が良いのでしょうか。

まぶたの痙攣と顔面痙攣とは、名称が似ていますが違う病気になります。

「痙攣(けいれん)」という病名なので「ピクピクする病気」と思われて間違われます。

片方の目の周り・頬や口の周囲がぴくぴくと動く病気は「顔面痙攣」になります。

まぶた痙攣は、必ずしもピクピクはしません。

 

次に、まぶたの痙攣・まぶたの痙攣は片方・両方・まぶたの痙攣の治し方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

まぶたの痙攣

 

00820(640x308)-b84d2

 

まぶたが痙攣したことはありませんか。

片方・両方のまぶたに痙攣や違和感があると気になりますね、治し方や止め方はあるのでしょうか。

まぶたの痙攣は「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」と呼ばれています。

まぶたの筋肉が収縮して、意思とは関係なく動く状態を「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」と呼びます。

「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」の発症の7割は女性になります。

また、50~70歳の中高年の女性に多く見られる病気になります。

「眼瞼痙攣」の初期には、

・「自由に目が開けにくい」・「まぶしく感じる」・「眼がショボショボする」

・「目の周りがピクピク動く」・「目が乾いた感じがする」・「まばたきが増える」などの症状があります。

「眼瞼痙攣」の症状は通常は両眼にでます。

左右で痙攣の程度に差があることもあります。

「眼瞼痙攣」の症状が進行すると、まぶたが下がってくる感じがします。

症状が進んで、眼を開けようとしても容易に開けられなくなる人もいます。

 

まぶたの痙攣の原因

 

btx_irasuto01

 

まぶたの痙攣の正式病名は「眼瞼痙攣」です。

まぶたの痙攣は片方だけでなく両方に発症します。

「眼瞼痙攣」は、自由に目が開けにくくなったり、瞬きが増えたりするなど目の開け閉めの機能が故障する病気です。

「まぶしい」や「目が乾いた感じがする」や「自然と両目あるいは片目が閉じてしまう」などの自覚症状があります。

「眼瞼痙攣」は「ドライアイ」と間違えられていることが多くありますが、ドライアイの治療をしても良くなりません。

「眼瞼痙攣」の原因は、神経が障害されて脳から正しい指令が伝わらないことです。

発症のきっかけには、心理的ストレス・加齢・薬物の使用などが挙げられます。

薬物による「眼瞼痙攣」は三分の一以上を占めています。

薬物の使用を原因としたまぶたの痙攣には向精神薬の使用などがあります。

次に、まぶたの痙攣の治し方を紹介します。

 

まぶたの痙攣の治し方

 

多くの場合はまぶたの痙攣の原因は不明です。

まぶたの痙攣が片方・両方発症した原因や誘因が、安定剤・睡眠導入薬・抗精神病薬の連用などの場合のまぶたの痙攣の治し方は、可能な限りこれらの薬の服用を中止することが大切になります。

まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)を根治的に治す方法はありません。

対症治療で症状を改善する方法はあります。

眼周囲の皮膚にボツリヌス毒素Aを製剤にしたものを少量注射して、目をつぶる力を弱める方法などです。

治療効果は2~4ヶ月持続します。

クラッチ眼鏡・眼瞼の手術・薬物療法などもあります。

まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)は、抑うつ感があると症状が悪化するようです。

心の安定が必要な病気だとされています。


PAGE TOP