シュリンクの意味とビジネスシーンでの使い方・例文。反対語は?

Sponsored Link

ビジネスシーンでよく使われるビジネス用語にフィードバック・リマインド・イノベーション・デフォルト・バッファ・シュリンクなどがあります。

フィードバックのフィードとは英語表記では「Feed」になります。

「Feed」の意味は栄養を与えることを意味します。

「Back」は「返す」です。

フィードバックとは、業務内での評価を人や会社に対して伝え返すことになります。

ビジネスシーンでのフィードバックは、モチベーションを上げて能力を向上させるために行われています。

リマインドには、「思い出させる」や「思い起こさせる」などの意味があります。

リマインドは、日本語で言えば「再確認」や「念押しの確認」になるのではないでしょうか。

ビジネスシーンでは会議出席を確かめるために、リマインドメールや電話をすることがあります。

バッファはコンピューター関連用語になります。

パソコンに一時的に情報を保存する領域をバッファと呼んでいます。

IT業務では「保存領域」という意味でバッファが使われます。

ビジネスシーンでのバッファは、「余裕」「緩衝」という意味で使われています。

ビジネスシーンでのバッファは、物理的なスペース・コスト・在庫管理・時間的なゆとりなどの意味でも使われています。

仕事や人間関係などでクッションの役割を果たす人のことをバッファと呼ぶこともあります。

 

次に、シュリンクの意味・ビジネスシーンでのシュリンクの使い方・シュリンクの反対語などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

シュリンクの意味

 

th_sketch_mini_down

 

シュリンクの意味を知らなければ、シュリンクの使い方も分かりませんね。

シュリンクを英語表記すると「shrink」になります。

シュリンク(shrink)の意味は、布などが(縮む・つまる)ことや貯金などが(減る・少なくなる)などになります。

IT関連用語にもシュリンクがあります。

パソコン用語でのシュリンクは、部品・基板などが縮まる事を意味しています。

ビジネスシーンでのシュリンク(shrink)には2つの使い方があります。

物やデータを小さくする技術や物やデータを圧縮することをシュリンクと呼びます。

また、市場や購買意欲などが縮むことをシュリンクと表現します。

ビジネスシーンでのシュリンクも、縮むや減るという意味の「shrink」が語源です。

次に、シュリンクの使い方やシュリンクの反対語などを紹介します。

 

ビジネスシーンでのシュリンクの使い方

 

4f0259f138e382c0128fe62c596cfc33_t

 

ビジネスシーンでのシュリンクの意味は、技術や物やデータを小さくするや圧縮することや、市場や購買意欲が縮むことになります。

ビジネスシーンでのシュリンクの使い方を紹介します。

ビジネスシーンでのシュリンクは、縮小化しつつある状態やその業界、また縮小する内容を指して使用されています。

縮小化しつつある業界は「シュリンク業界」と呼ばれます。

「シュリンク市場」には、スマートホンの広がりでシュリンクしているガラケー市場があります。

シュリンク事業には、電子メールの浸透で縮小している郵便事業があります。

ビジネスシーンでは、「シュリンク」という言葉は停滞や低迷する場合に使われます。

次に、シュリンクの反対語を紹介します。

 

シュリンクの反対語

 

シュリンクの意味は「縮む」や「減る」でした。

ビジネスシーンでのシュリンクの使い方には、シュリンク市場・シュリンクビジネス・シュリンク業界などがあります。

「縮む」・「減る」の意味のシュリンクの反対語には、「拡大」・「成長」・「増加する」・「拡張」・「上昇」などがあります。


PAGE TOP