外出先のカレーのシミ抜きの応急処置方法。時間が経っても落ちる?

Sponsored Link

染み抜きの方法を知っていれば、カレーや醤油やスープなどを服につけてしまったときに役立ちます。

染み抜きができないのは、家庭で洗えない衣類になります。

家庭で洗濯できない衣類の染み抜きは行なわないほうが無難です。

理由は、家庭での染み抜き処理では水を使うので輪ジミが発生しやすくなります。

また、家庭での染み抜きでの注意点は、衣類の素材や染色状況によって脱色などが発生する場合もあることです。

家庭で染み抜きするときには、衣類の素材や染色状況をよく確かめてから行いましょう。

家庭で洗濯できない衣類や大切な衣類は、染み抜きを行わないで信頼できるクリーニング店にお願いするのが適切です。

 

次に、カレーの染み抜き・時間がたったカレーの染み抜き・カレー染み抜き簡単・カレーのシミ抜きの応急処置などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

カレーの染み抜き

 

Goowatch_3914659a51b4efef8cc50df0bf770085_f865

 

カレーの染み抜きは時間がたった場合でも家庭でできます。

家庭でできるカレー染み抜き簡単方法を紹介します。

カレーのシミが衣類につくとビックリしますが、カレーのシミを落とすのは難しくはありません。

カレーの染み抜きには、熱いお湯と洗濯用固形石鹸を使います。

洗濯用固形石鹸がなければ食器用洗剤を使います。

カレーのシミの箇所をたっぷり泡立てるように洗います。

お湯でシミ部分を丁寧にすすいだら天日干しします。

すすいだ後にシミが残っていても構わず天日干ししてください。

シミ部分を直射日光によく当てて天日干しします。

カレーの黄色はクルクミンという色素です。

カレーの黄色いシミの原因のクルクミンという色素は、紫外線で分解される性質があります。

天日干しで日によく当てることで、紫外線で色素が分解されます。

お日様がシミを消してくれます。

注意点は、カレーにはたくさんの油分が含まれていることです。

カレーの油が残った状態で日に当てると油が酸化します。

油が酸化することでクルクミンとは別の黄ばみシミを新たに作ってしまいます。

カレーのシミ落としでは、カレーの油を熱いお湯と石鹸でシッカリ落とすことが大切です。

カレーの油を落として色素シミだけの状態にしてから天日干しすればOKです。

早ければ1日でキレイになります。

遅くとも2~3日天日干しすればキレイになります。

次に、カレーのシミ抜きの応急処置を紹介します。

 

カレーのシミの応急処置

 

20160926132159

 

カレーの染み抜きは時間がたった場合でも大丈夫です。

家庭でもカレー染み抜き簡単にできます。

カレーの油を石鹸でシッカリ落として天日干しするだけです。

次に、カレーのシミ抜きの応急処置を紹介します。

外出先でカレーのシミがついてしまった時は困りますね。

お店の「おしぼり」でゴシゴシとこすってはいけません。

飲食店の「おしぼり」には塩素系漂白剤が使われています。

塩素系漂白剤が残った「おしぼり」を使うと、衣類の色や柄が落ちしてしまうことがあります。

飲食店の「おしぼり」はシミ落としに使わないようにしましょう。

また、ハンカチやティッシュでこすると、シミが広がって落ちにくくなってしまうこともあります。

カレーのシミ汚れはつまみ取ります。

ティッシュで肉や野菜などの固形物をつまみとります。

次に、ティッシュを水で濡らして汚れを移し取ります。

シミ部分を乾いたハンカチやティッシュで押さえて水分を取ってから自然乾燥させます。

 

シミとり剤

 

カレーの染み抜きは時間がたった場合でもOKです。

カレー染み抜き簡単な方法があります。

カレーのシミ抜きの応急処置では、濡らしたティッシュにカレーを移し取ってから自然乾燥させるのが適切です。

カレーのシミが心配な人は「シミとり剤」をバックに癒えておけばイザというときに役立ちます。

「シミとり剤」があれば簡単ステップでシミとりができます。


PAGE TOP