ウォーキングとジョギングとランニングの違い。どれが痩せる?

Sponsored Link

ウォーキングとジョギングとランニングの違いを知っていますか?

ウォーキングとジョギングはどちらがダイエット効果があるでしょうか。

ジョギングとランニングどっちが痩せるでしょうか。

ランニング・ジョギング・ウォーキングの消費カロリーを知っていれば、ダイエット時の消費カロリー計算に役立ちそうです。

ダイエットの基本は、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことです。

肥満は生活習慣病のリスクを高めます。

有酸素運動のウォーキング・ジョギング・ランニングはダイエット効果が高いとされています。

皮下脂肪や内臓脂肪を減らすダイエットを始めませんか。

生活習慣病予防のためにウォーキング・ジョギング・ランニングを始めましょう。

 

次に、ダイエットの運動・ウォーキングとジョギングとランニングの違い・ジョギングとランニングどっちが痩せる・ランニング・ジョギング・ウォーキングの消費カロリーなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ダイエットの運動

 

o0938102413804430724

 

ウォーキング・ジョギング・ランニングの違いの前に、ダイエットにおススメの運動の概要を紹介します。

ダイエットの方法は、摂取カロリー抑制の食事制限・摂取カロリーを抑制するサプリメント・消費カロリーをアップするサプリメントなど色々あります。

健康的で一番効果があるのは運動です。

運動の中でもウォーキング・ジョギング・ランニングがおススメです。

ウォーキングやジョギングは有酸素運動の中でも手軽に始められます。

涼しい時間帯に親しい仲間とおしゃべりしながらウォーキング・ジョギングしませんか。

皮下脂肪や内臓脂肪が気になったら、身体を動かすのが一番ですね。

有酸素運動はダイエットに効果があると言われています。

有酸素運動のウォーキング・ジョギング・ランニングの、カロリー消費量を知っていればダイエット目標が決めやすくなります。

次に、ウォーキング・ジョギング・ランニングの違い・ジョギングとランニングどっちが痩せる・ランニングとジョギングとウォーキングの消費カロリーなどの紹介をします。

 

ウォーキング・ジョギング・ランニングの違い

 

publicdomainq-0010157giv

 

ウォーキング・ジョギング・ランニングの違いは移動速度です。

ウォーキングでは、1kmを10分程度の速度で歩きます。

ジョギングでは1kmを7分程度の速度で走ります。

ランニングは、ジョギングよりも速い速度で走ります。

10分で1kmを歩くウォーキングの心拍数は約120回/分になります。

心拍数120回/分は、息が少し上がるけど会話しながら歩けます。

ジョギングの心拍数は約120~140回/分になります。

ランニングの心拍数は140回/分以上になります。

次に、ジョギングとランニングどっちが痩せる・ランニングとジョギングとウォーキングの 消費カロリーなどの紹介をします。

 

ジョギングとランニングどっちが痩せる

 

ウォーキング・ジョギング・ランニングの違いは移動速度です。

ウォーキングは1kmを10分程度で歩きます。

ランニングは1kmを7分以下で走ります。

ウォーキングとジョギングを比べると、心拍数が高いジョギングの方が時間当たりのダイエット効果は高くなります。

ジョギングとランニングどっちが痩せるかを考えると、心拍数が高いランニングが痩せそうです。

ランニング・ウォーキング・ジョギングの消費カロリーを考えると、ランニングが効果的です。

体重50kgの人が、1時間速足のウォーキングをすれば約260Kcal消費します。

体重50kgの人が、1時間の速めのジョギングをすれば約600Kcal消費します。

ランニングの場合はそれよりも多くのカロリーを消費します。


PAGE TOP