夏バテで吐き気、下痢、頭痛、めまいがする?夏バテ対策の飲物、食事

Sponsored Link

夏バテになると、吐き気や下痢に悩まされます。

夏バテになっても食欲あるならよいのですが、食欲もなくなってしまったら体力が落ちます。

夏バテ対策は重要ですね。

日本の夏季の特徴は高温多湿なことです。

「最適な温度」と「最適な湿度」がカラダの健康には大切です。

日本の夏季の「過剰な高温」と「過剰な湿気」は体調不良やさまざまな症状を引き起こします。

日本の夏には「過剰な高温」と「過剰な湿気」の二つの気候の影響がカラダに襲い掛かります。

夏バテ対策が大切ですね。

 

次に、夏バテの症状(吐き気・下痢)・夏バテの原因・夏バテ予防・夏バテでも食欲あることもある?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

夏バテの症状

 

natsubate_girl2

 

夏バテの代表的な症状には、

・カラダがだるい・カラダが重い・全身の倦怠感・やる気不足

・無気力・食欲不振・ 吐き気・下痢・便秘・イライラ・のぼせ

・カラダが熱っぽい・めまい・立ち眩み・頭痛・むくみなどがあります。

夏バテになっても食欲あることもあります。

仕事をしたくない・イライラするのは夏バテ症状かもしれませんよ。

 

夏バテの原因

 

natsubate_businessman

 

夏バテの症状には、だるい・重い・無気力・倦怠感・食欲不振・ 吐き気・下痢・便秘・イライラ・のぼせ・めまい・頭痛・むくみなどの症状があります。

夏バテになっても食欲あるケースもあります。

夏バテの原因は日常生活の中にあります。

日常生活から考えられる夏バテの原因には、室内外の温度差・高温多湿・睡眠不足などがあります。

室内外の温度差で自律神経が乱れると夏バテになります。

酷暑の屋外から涼しい室内に戻った時の温度差は体力を消耗します。

冷房が効いている部屋にいると自律神経がうまく働かなくなります。

自律神経の変調は胃腸の不調・倦怠感・食欲不振を招きます。

高温多湿の環境では発汗が困難になり体温調節がうまくいかなくなります。

長時間直鎖や日光の下にいても発汗が過剰になり水分不足になって夏バテを引き起こします。

熱帯夜には睡眠不足になります。

睡眠で疲労回復ができなくなると、疲れが蓄積して夏バテを引き起こします。

 

夏バテ予防

 

夏バテ予防では、食生活の改善・室内環境改善・睡眠時間の確保があります。

食生活の改善では、栄養価の高い食品を食べることです。

夏バテ予防のポイントは量より質を重視します。

良質なタンパク質やビタミン・ミネラル・アミノ酸などの美容栄養を含んだ食品を食べます。

室内環境の改善では、室内外の温度差を5℃以内にすることが大切です。

室内外の温度差が5℃以上になると自律神経が乱れやすくなるので注意してください。

睡眠時間の確保も大切です。疲れを溜めないことが夏バテ予防の重要なポイントです。

夏バテになるとだるい・重い・無気力・倦怠感・食欲不振・ 吐き気・下痢・便秘・イライラ・のぼせ・めまい・頭痛・むくみなどの症状がでます。

夏バテになっても食欲ある人もいるそうです。

症状が重くなる前に原因を調べて改善してください。


PAGE TOP