ご教授、ご教示の意味と使い分け方とそれぞれの例文

Sponsored Link

日常会話では「教えてください」という言葉が、ビジネスシーンでは「ご教授ください」や「ご教示ください」などと言われることがあります。

「ご教授」・「ご教示」の意味や「ご教授」・「ご教示」の違いが分からなければ安心して使えません。

日常会話ではあまり聞きなれない、「ご教授ください」や「ご教示ください」はビジネスシーンではよく聞きます。

意味を知らなければ「ご教授ください」や「ご教示ください」と相手に言われても対応に困ってしまうこともあります。

 

次に、ご教授とご教示の意味・ご教授とご教示の違いなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ご教授

 

acf0724c-f03e-4dbe-96c5-d5272bd959db

 

「ご教授ください」に使われている「教授」は、学問や技芸を教え授ける意味で使われる言葉になります。

「ご教授ください」という意味は、学問や技芸を教え授けてくださいということになります。

「ご教授ください」は専門的な内容を尋ねたいときや、目上の方に尊敬の意味を込めて物を尋ねるときなどに使います。

「ご教授」は「ご教示」よりも長いスパンで継続的にものごとを教わっていくときに使われると認識しておくと使い分けしやすいと考えられます。

ビジネスシーンで使う「ご教授願います」の使い方を紹介します。

仕事に必要なスキルや技術を磨くための指導をお願いする場面で“○○〇をご教授ください”と使います。

次に、ご教示の意味やご教授とご教示の違いのまとめなどを紹介します。

 

ご教示

 

15619

 

「ご教授ください」は、学問や技芸を教え授けてくださいという意味になります。

「ご教示ください」で使われている「教示」は、知識や方法を教え示すという意味の言葉になります。

「教示」は、知識や方法が対象となっている言葉です。

「ご教示ください」は知識や方法を教え示してくださいの意味になります。

「教えてください」を丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」になります。

職場で、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」を使ってください。

次に、ご教授とご教示の違いをまとめます。

 

ご教授・ご教示の違いのまとめ

 

「ご教授ください」の意味は、学問や技芸を教え授けてくださいになります。

「ご教示ください」の意味は、知識や方法を教え示してくださいになります。

「ご教授」と「ご教示」の違いをまとめると、「ご教授ください」は、より専門的な内容を尋ねたいとき・目上に物を尋ねるときなどに使います。

「ご教示ください」は物事の手順や方法を尋ねるとき・目上に指導を乞うときなどに使います。


PAGE TOP