秀逸の言葉の意味、正しい使い方、類語。英語では?

Sponsored Link

秀逸(しゅういつ)の正しい意味を知っていますか?

秀逸の意味が分からなければ間違った使い方をする可能性もあります。

秀逸の類語にはどのような言葉があるのでしょうか。

秀逸の英語表記も知りたいですね。

秀逸という言葉は、優れているものに対して使われています。

「秀逸な製品」や「秀逸な作品」などです。

優れていることを意味する言葉に「優秀」もあります。

「秀逸」と「優秀」はどちらも優れていることを表す言葉です。

「秀逸」という言葉はビジネスシーンやテレビ番組でも良く耳にする言葉です。

最近では、「秀逸な○○」などという表現が、難しそうでカッコいい言葉として若者に受け入れられてネット記事やSNSで使われているようです。

秀逸という言葉は文脈からなんとなく意味を推測できますが、正確な意味を調べた人は少ないのではないでしょうか。

正しい意味を知らないまま使っていると恥ずかしい思いをするかもしれません。

秀逸と言う言葉をカッコよく使ったつもりが、逆に恥ずかしいことにならないように正しい意味と使い方を調べませんか。

 

次に、秀逸の意味・秀逸の使い方・秀逸の類語・秀逸の英語表記などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

秀逸の意味

 

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

 

秀逸の意味は、他のものよりも抜きんでて優れていることや、抜きんでて優れている様子になります。

非常に優れていることを表す「優秀」にも使われている「秀」という漢字は、「他よりも抜きんでている」という意味になります。

「秀逸」の「逸」という漢字は、逃れるや抜け出すという意味と“世間的な枠を抜け出して優れている“という意味があります。

「秀逸」とは、「秀」-「他よりも抜きんでている」という意味の漢字と、「逸」-「世間的な枠を抜け出して優れている」という意味の漢字が組み合わさっています。

「秀逸」とは、単に優れている・素晴らしいというだけでなく“他とは比べ物にならないくらい抜きんでている”という意味があることが考えられます。

次に、秀逸の使い方・秀逸の類語・秀逸の英語表記の紹介をします。

 

秀逸の使い方

 

3256img-thumb

 

秀逸の意味は、他とは比べ物にならないくらい抜きんでて優れていることになります。

秀逸の使い方は、単に良い程度の状況では使いません。

秀逸という言葉を使う時には、他よりも抜きんでて優れているときになります。

秀逸と言う言葉を使う時には、「秀逸な○○」や「秀逸だ」と言います。

秀逸な企画案だった・秀逸な文章だ・秀逸な記事だ・秀逸な商品だ・秀逸なアイデアだなどと使います。

次に、秀逸の類語・秀逸の英語表記を紹介します。

 

秀逸の類語と秀逸の英語表記

 

秀逸の意味は、他とは比べ物にならないくらい抜きんでて優れていることになります。

秀逸 の使い方は、“秀逸な企画案だ”や“秀逸なアイデアだ”などになります。

秀逸の類語には、とびきり・飛びぬけている・比類ない・格別・極上・突出・屈指・傑出・目覚ましい・出色・絶妙・秀抜・卓越・格段などがあります。

秀逸の英語表記は「Excellence」になります。


PAGE TOP