出向、異動、転勤、赴任の違い、意味、使い分け

Sponsored Link

出向・異動・転勤・赴任という言葉はよく聞きますね。

意外と言葉の意味が正しく分かっていない人も少なくないと思います。

出向・異動・転勤・赴任の違いを正しく知らないと困ったことになります。

きちんと調べて、会社で言い渡されたときに勘違いして慌ててしまったりすることがないようにしませんか。

慌てないように事前にしっかりと出向・異動・転勤・赴任の意味と違いを知っておくことは社会人として大切なことだと考えられます。

 

次に、出向・異動・転勤・赴任の違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

出向

 

zbs1-43-3

 

出向・異動・転勤・赴任の違いを分かるために出向の概要を紹介します。

出向の意味は、他の会社や役所に一時的に一定期間在籍することになります。

転勤や赴任も現在とは違う場所で働く意味がありますが、出向の場合は、他の会社や役所に実際に出社して働きます。

出向とは、会社に在籍したまま他の会社や役所で就労することになります。

出向と似た働き方に派遣があります。

出向と派遣は似ていますが全く違うものです。

出向と派遣の大きな違いは、どこと労働契約を結んでいるかになります。

出向は出向先企業と労働契約を結びます。

出向の場合には「在籍出向」と「転籍出向」があります。

「在籍出向」は、出向元との労働契約にプラスして出向先と契約を結びます。

「転籍出向」は、出向元との労働契約は解消して出向先のみと契約を結びます。

派遣は派遣元企業と労働契約を結びます。

次に、移動と転勤と赴任の違いを紹介します。

 

移動と転勤

 

030-season-illustration

 

出向・異動・転勤・赴任の違いを分かるために、移動と転勤の概要を紹介します。

異動のことを転勤と勘違いしている人も少なくないようです。

転勤は異動に含まれます。

異動にはいくつかのタイプがあります。

「転勤」だけでなく「職種の変更」・「担当業務の変更」・「出張」・「出向」・「転籍」も移動です。会社内で仕事や職場が変わることも異動になります。

異動に含まれる転勤ですが、転勤は勤務地の変更を伴った異動になります。

勤務地が変わることで引越しをしなくてはいけないこともあります。

家族の諸事情や子供の学校の関係で家族が引越しできない場合は、単身赴任になります。

家族を現住所に置いて自分だけが引越しをする転勤をすれば単身赴任になります。

多くの場合は、勤務地はかわっても仕事内容は全く同じことが多くあります。

勤務地自体が変わってしまうということが転勤です。

 

赴任

 

良く聞く言葉に「単身赴任」や「海外赴任」があります。

赴任とは、転勤を命じられた人が、任地へ赴くことです。

赴任とは転勤先に行くことになります。

転勤先に赴くときに赴任という言葉があるので、転勤と赴任はセットになっています。


PAGE TOP