「レンタル」と「リース」の意味、違いと使い分け

Sponsored Link

「レンタル」と「リース」は似たような言葉ですが意味の違いを知っていますか。

「レンタル」と「リース」の意味を知らなければ使い分けもできません。

「レンタル」と「リース」を英語表記はどのようになるのでしょう?

「レンタル」の英語表記は「rental」です。

レンタルとは、代金と引き替えに商品を一定期間貸し出すことになります。

レンタルのことを日本語では「賃貸」とも言われます。

「リース」の英語表記は「lease」です。

リースの賃貸取引で扱う物件はリース会社が購入します。

借手企業が選択した物件をリース会社が購入して、借手企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引になります。

 

次に、レンタルとリースの違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

レンタル

 

71954_sample

 

レンタルとリースの違いを分かるために「レンタル」の概要を紹介します。

「レンタル」に使われている商品は「使用期間・回数に対して、購入費用が高すぎる」ものです。

使用期間が限られて減価償却し難い機材や企業向けの機材・事務機器などでレンタルという「賃貸」が利用されています。

レンタルでは、盗難や破損した場合の保険を使用者負担でかけています。

店舗で直接引き渡される商品をレンタルする場合では、運転免許証・健康保険証・学生証などの身分証明書のコピーが必要になります。

インターネット経由で申し込み宅配で受け渡しが行われるレンタルの場合は、信用証明が確実なクレジットカード支払いが多くなります。

レンタル業には2つあります。

個人向けレンタル業と企業向けレンタル業です。

個人向けレンタルで扱われている商品には、映画等の映像作品(レンタルビデオ)・ゲームソフト・自転車・高級外車やリムジン・普通車・家電・家具・衣装・専門機材・マッサージチェアなどいろいろあります。

企業向けレンタルで扱われている商品には、企業に様々な機材などを短期間貸し出すレンタル事務機器だけでなく、設備などを比較的長い一定期間貸し出すこともあります。

飲食店向けの「おしぼり」・プレゼンテーション機材・イベント機材・出張時のレンタカー・

貸しホール・多目的商業施設・多目的ホールなどもあります。

 

リース

 

keep-images3

 

レンタルとリースの違いを分かるために「リース」の概要を紹介します。

リースは、日本を含めて世界中で設備投資の手段として広く普及している賃貸取引です。

借手企業が選択した物件をリース会社が購入して、借手企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸します。

賃貸取引でのリース対象物件は中古・新品は問いません。

一般的には、新品物件をリース会社が借手企業の代わりに購入して貸し出します。

物件の所有権はリース会社にありますが、企業は自社で購入した場合とほぼ同様に物件を使用します。

リースにはファイナンス・リース契約とオペレーティング・リース契約の2つに大別されます。

次に、レンタルとリースの違いをまとめます。

 

レンタルとリース

 

レンタルとリースの違いを知っていればビジネスシーンでも役立ちます。

レンタルは、耐久財の賃貸借の一つになります。

レンタルは比較的短期間の賃貸借になります。

機器や設備を、一定期間の使用を目的として賃借します。

賃借の契約期間は通常は1年未満の短期になります。

2つに大別されるファイナンス・リース契約とオペレーティング・リース契約の概要を紹介します。

ファイナンス・リースは、設備機器導入を目的とした資金調達手段のひとつとして金融色が強い契約になります。

オペレーティング・リースは賃貸借色が強い契約になります。

オペレーティング・リースでは、リース期間終了後の残存価格を設定します。

オペレーティング・リースは中途解約が可能です。


PAGE TOP